ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつでも伝統工芸をそばに!コーヒーブレイクは職人による越前漆器のタンブラーで「URUSHI TUMBLER」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いつものコーヒータイムを日本の伝統工芸といっしょに楽しんでみませんか?

クラウドファンディングサイトMakuakeでプロジェクトが進行中の「URUSHI TUMBLER」は、優れた保温・保冷機能を備えた「thermo mug」と1500年の伝統を持つ越前漆器の「土直漆器」がコラボした商品。職人の仕事が冴える美しいタンブラーです。

タンブラーはスタイリッシュでシンプルなデザイン。18-8ステンレスと漆を施したAS樹脂の二重構造で、温かさ・冷たさの飲みごろ温度を長時間キープしてくれます。

樹脂の上には天然の漆を使用して、職人がひとつひとつ手塗りでタンブラーに漆を施して作り上げています。「生もの」である漆を、毎朝、湿度や温度を感じながら配合を調整して、大事に大事に育てるように丁寧に仕上げられます。

「URUSHI TUMBLER」は無地と4種の日本の伝統柄をあしらった全5種類。色は漆の伝統食である古代朱「SHU」と漆黒の「KURO」の2種類から選べます。

 

自分用にはもちろん、大切な方への贈り物にもぴったり。洗練された現代の日本の粋が感じられるデザインは、海外の方にも喜ばれそう。

艶やかな漆が美しいタンブラーを手に取ると、漆器のしっとりとした感触が手のひらに感じられる一品。いつものコーヒーブレイクがちょっと特別な時間になりそうです。

職人による日本の伝統美 越前漆器のタンブラー「URUSHI TUMBLER」 – Makuake(マクアケ)

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

桜満開の季節にぴったり!29種もの桜を写生した江戸時代の絵師 坂本浩然による「桜花譜」
コレクター魂を揺さぶる!450点以上の根付や印籠が集結する「細密工芸の華 根付と提げ物」が開催
一歩先のステキな遊び心!メンズ着物「Y.&SONS」が2016年浴衣&夏着物を発表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP