ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎夏恒例、オバマ大統領がセレクトするSpotifyプレイリストをホワイトハウスが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎夏恒例、オバマ大統領がセレクトするSpotifyプレイリストをホワイトハウスが公開

毎年恒例となっている、アメリカのオバマ大統領がキュレーションした夏のSpotifyプレイリストをホワイトハウスが公開しました。

Been waiting to drop this: summer playlist, the encore. What’s everybody listening to? pic.twitter.com/mqh1YVrycj
— President Obama (@POTUS) August 11, 2016

昨年も公開されたオバマ大統領のSpotifyプレイリスト。今年も昼バージョン夜バージョンの二種類が公開されています。 ジャンルに関係なく幅広い音楽が好きなオバマ大統領のプレイリストの内容では、今オバマ大統領がどんなことを伝えたいか、音楽で人に語りかけたいメッセージが伝わってくるようにも感じます。

The President’s 2016 Summer Playlist: Day

The President’s 2016 Summer Playlist: Night

今年のセレクションはワシントンDCのMC、ワーレイから始まり、チャンス・ザ・ラッパー、コモン(二人はオバマ大統領と同じシカゴ出身)などヒップホップから、マイルス・デイヴィスやチャールズ・ミンガス、エスペランザ・スポルディングなどジャズレジェンド、ホワイトハウスで演奏したジャネル・モネイ、ジデーナ、サラ・バレリスなど、Pitchforkのセレクションと言われても問題ないかと思うほど多彩な楽曲で構成されています。

さらにプリンス、ビリー・ホリデイ、ニーナ・シモンなど往年の名アーティストもフィーチャーされる中、ニュージーランドのジン・ウィグモアやフランスのマヌ・チャオ、ブラジルのカエターノ・ヴェローゾなど国際的アーティストも含まれるところが、オバマ大統領の文化や人と交流する意欲が表れています。

大統領もSpotifyキュレーターになれる時代です。

反対にオバマ大統領の就任式で国歌斉唱するなど親しい間柄のビヨンセの曲がプレイリストには入っていないことをワシントン・ポストが指摘しています。

ビヨンセが含まれない理由は、単純に彼女の楽曲(特に最新アルバム「Lemonade」)がSpotifyでは配信されず、ライバルの定額配信「TIDAL」のみでの配信されているからです。

TIDALを運営するのは、ビヨンセの夫でヒップホップ・アーティストのジェイ・Zですが、Spotifyで配信される「The Blueprint 3」からファレル・ウィリアムスとの共作「So Ambitious」をオバマ大統領が選んでいますね。

I’m honored that our President would include in his summer playlist BUT THE FACT THAT HE PICKED ACID RAIN ⛽️ https://t.co/M2ypVhCQFA
— Lil Chano From 79th (@chancetherapper) August 11, 2016

チャンス・ザ・ラッパーの「Acid Rain」で地元愛を表現するアプローチは、デジタル時代の大統領らしいですね。日本の政治家も、メッセージをSNSで伝えるために、アーティストや音楽テクノロジーなど音楽の力を使う人が現れると、音楽の社会性の価値観が変わりそうです。

Spotifyアカウントをお持ちの方は今年の大統領ミックスをお楽しみ下さい。

■記事元http://jaykogami.com/2016/08/13358.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。