ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハロウィンにテーマパークで墓所を探検するVR体験を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ、オーランドのユニバーサル・スタジオで、VRハロウィンイベント「The Repository」が9月末から開催されると発表されました。

VRで歩くホラーハウス

「一歩先の、胸揺さぶる冒険」をキャッチコピーに、少人数での墓所探検が楽しめる『The Repository』。

VRヘッドセットをつけて施設を巡ると、本当にそこに何かがあると感じる体験や、まるで生きているかのようなリアルなキャラクターなど、VRへ拡張されたテーマパークが楽しめます。

イベントは9月29日から10月末までの一ヶ月間で、アメリカ・オーランドのユニバーサル・スタジオで開催。米のVRコンテンツ制作会社、VRstudiosの協力により実現しました。

体験価格は50ドルで、チケットは通年パスポート所持者向けに8月16日、一般向けには8月23日から予約受付を開始する予定とのことです。

実際に歩くVR

VRstudiosとそのゲーム・エンターテインメント関連のブランドであるVRcadeは、バックパック要らずでワイヤレスのVRが体験できる技術を開発しています。

https://vimeo.com/130646354

自宅で座って行うVRでは、どうしても「VRを歩き回る」という体験が再現しづらいのが現状。

しかし現実に用意された施設内をVRヘッドセットをつけて歩きまわるVRstudiosが制作したコンテンツは、本当にその世界を歩いているような実在感をもたらします。

日本のテーマパークでVRを使ったイベントが楽しめる日も近いかもしれません。

(参考)
UploadVR / Universal Orlando Debuting Halloween VR Experience ‘The Repository’(英語)
http://uploadvr.com/universal-orlando-repository-vrcade/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP