体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「歩きスマホ」するくらいなら、インスタントカメラを片手に街歩き! 写真家・安藤きをくさんと下北沢の街を歩いてみた

「歩きスマホ」するくらいなら、インスタントカメラを片手に街歩き! 写真家・安藤きをくさんと下北沢の街を歩いてみた インスタントカメラ1 インスタントカメラ1

はじめまして! ライターの佐々木ののかです。みなさんは普段写真を撮るとき、何を使っていますか? ほとんどの方が「スマホ」と答えるこのご時世。しかし、デジタル主流のなか、最近フィルムカメラの人気がじわじわと上がってきているのだそう。中でもとりわけ人気なのが、気軽に撮れるインスタントカメラです。

けれども26歳のわたしでさえ、最後にインスタントカメラに触れたのは中学生の頃。どうすればカッコいい写真が撮れるのか“テクニック”を知っている学生は、あまり多くないのではないでしょうか。

そこで今回は、インスタントカメラの使い方を人気フォトグラファーの安藤きをくさんに教えてもらうことにしました。ドラマ性のある安藤さんの写真はTwitterやInstagramなどのSNSに端を発して大ブレイク。今でもファンの裾野を広げ続けています。インスタントカメラ2Photo by Kiwoku Ando インスタントカメラ3Photo by Kiwoku Ando

これらの作品はすべてデジタル一眼で撮影されたもの。けれども写真を撮り始めた当初は、インスタントカメラを使っていたこともあるという安藤さんに、インスタントカメラの撮り方を教えてもらいます!

まずは基本から! 安藤さんに聞く、インスタントカメラの“いろは”

インスタントカメラ4

街に繰り出して写真を撮る前に、まずは安藤さんにインスタントカメラの基本知識を教えてもらいました。

「写ルンです」は安易にすすめない!?

今回の撮影に使うのは、「写ルンです」。もはやインスタントカメラの代名詞でもある「写ルンです」ですが、安藤さんは「安易にはすすめられない」とのこと。カンタンに撮れるのに、どうしてですか?

「『写ルンです』は性能が良いぶん、誰が撮ってもうまく撮れるようになっているんです。設定をいじらなくて良いので、写真の勉強にならなかったり、結局自分の弱点が分からなくなったりするので、『フィルムカメラを真剣にマスターしたい』と思っている人には、オススメできません」(安藤さん)

プロカメラマンとして活躍する安藤さんならではの考え方ですね。「誰でもうまく撮れる」と言われると、私なら飛びつきたくなっちゃいます……。

画角を意識すると、面白くなる!

インスタントカメラを使うときに意識したほうが良いのは「画角」(がかく)。日常生活ではあまり聞くことのない言葉ですが、画角とは、カメラでいうと「写真に写る範囲のこと」なんだそう。インスタントカメラの画角は広め(広角)で、画角が広くなればなるほど、写真に写る範囲も広がります。

また、写真が歪むのも画角が広いカメラの特徴。

「中心点から離れるほど歪むので、写真の縁に写りこんでしまった人の顔は曲がってしまうこともあるんです。ただ、“近いものは大きく、遠いものは小さく”写る広角は、遠近感を強調できるので、ユニークな写真になります。画角が広いカメラの強みと弱みを知り、それを活かしていくと撮影がもっと楽しくなるのでは」(安藤さん)

カメラを持って下北沢の街に繰り出そう!

1 2 3 4 5次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会