ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「LINE無料電話」で電話代を●分の1に削減可能!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


LINEなどのトークアプリによくある「電話機能」。ネット通信でトークを行うため、“無料電話”と称されることが多いが、回線を使うということは、通信料はかかっているはず。では、実際にはどの程度のお金がかかっているのだろうか? 1カ月分のLINEの無料電話の通信料と、一般の電話料金を比較してみよう。

【もっと大きな画像や図表を見る】

まず、LINEの無料電話の通信量は、すべての端末に当てはまるとはいえないが、平均するとおよそ1分間に0.3MB といわれている。次に、大手キャリアの電話代だが、いずれも一般的に30秒で20円かかり、1分間だと40円かかるようだ。

この数値を、それぞれ、一般的なユーザーの1カ月あたりの平均通話時間に当てはめていこう。1カ月あたりの平均通信時間は、総務省が2015年12月に発表した「通信量からみた我が国の音声通信利用状況」のデータから設定。同資料によると、2014年度の携帯電話利用者の1日当たりの平均通信時間(通話時間)は2分16秒。つまり、1カ月(30日間)の平均通話時間は、68分ということになる。

これを基にすると、LINE無料電話の通信量と、大手キャリアの電話料金は、以下のように算出できる。

●大手キャリアの電話料金……2720円/月

●LINE電話の通信量……20.4MB/月

※いずれも1カ月の通話時間が68分の場合

「20.4MB」は、金額にするといくらなのだろうか? ちょっと強引だが、大手キャリアがパケット料金として設定している「容量不足によるチャージ=1GB/1000円」から導き出すと、およそ20.9円(※1GB=1024MB→1024MB÷1000円→1.024円/1MB)。

つまり、上の比較を金額に変換すると…、

●大手キャリアの電話代……およそ2720円/月

●LINE電話の通信量……およそ20.9円/月

なんと130倍もの差が…! とはいえ、大手キャリアでは、時間帯によって同一キャリア間では通話料が無料になるサービスがあるうえ、LINEの無料通話ができる相手はLINE IDがわかる人に限られるし、ビジネスシーンなどあまり好まれないケースもあり得るだろう。

もちろん、「すべての通話をLINEで」というワケにはいかないのが現実だが、自分に合う通話プランを見直しつつ、無料電話を上手に活用する使い方を探ってみては?

(村山 伸/H14)

(R25編集部)

「LINE無料電話」で電話代を●分の1に削減可能!?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

子どもを取り巻く「ネットいじめ」のいま
1000円台もザラ… 格安スマホはどこまで安くなる?
子供時代、コレがなくてよかった~と思うものTOP10
阪神・金本ブログ開始に虎ファンが次々突撃!
気になる女性に既読スルーされた時の「マナー」とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP