体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<幼児食レシピ> もりもり食べてほしいキャベツは、子どもの好きな食材と一緒に調理

f:id:akasuguedi:20160816110131j:plain 野菜たっぷり幼児食レシピ。前回はこちら!:好き嫌いがでてくる幼児食。味や調理に変化をつけた「ほうれん草」克服レシピ!

生でも、炒めても、ゆでてもいいキャベツは出番が多い野菜。でも、離乳食、幼児食の時期は、やわらかく煮ないとなかなかかみ切れないことがあります。

これから紹介するレシピもよく炒めたり、細かく刻んだり、すんなり食べてくれるように工夫しました。

キャベツとコーンのコールスロー(副菜)

f:id:akasuguedi:20160816110151j:plain

キャベツは細かく切り、塩をもみ込んで15分おき、水気をしっかり絞る。ボウルにマヨネーズ、牛乳、カレーパウダー、塩を合わせ、キャベツとコーンを加えてあえる。

◇ポイント

キャベツからでた水気はしっかり絞る。

翌日食べるとさらにおいしいのでたくさんつくってつくりおきを。

コーンを加えるとキャベツが苦手な子もぱくぱく食べやすい。

子どもが大好きなマヨネーズ+カレー味は苦手なものが食べられるマジック!

キャベツとハムのドリア(主食)

f:id:akasuguedi:20160816110206j:plain

キャベツ、玉ねぎはみじん切り、ハムは細切りに。フライパンで玉ねぎを炒め、キャベツ、ハムも加えて炒め合わせる。温かいごはんにバターと炒めた具材を混ぜ、塩、こしょうを振る。ホワイトソースを半量混ぜる。耐熱容器に入れ、残りのホワイトソース、チーズを広げてオーブンで焼く。

◇ポイント

キャベツはしんなりするまで炒めると口あたりがよく食べやすくなる。

ホワイトソースをつくるのが手間であれば市販のもので。

ごはんをマカロニにしてもおいしい!

キャベツinハンバーグ(主菜)

f:id:akasuguedi:20160816110216j:plain
1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会