ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

<幼児食レシピ> もりもり食べてほしいキャベツは、子どもの好きな食材と一緒に調理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

野菜たっぷり幼児食レシピ。前回はこちら!:好き嫌いがでてくる幼児食。味や調理に変化をつけた「ほうれん草」克服レシピ!

生でも、炒めても、ゆでてもいいキャベツは出番が多い野菜。でも、離乳食、幼児食の時期は、やわらかく煮ないとなかなかかみ切れないことがあります。

これから紹介するレシピもよく炒めたり、細かく刻んだり、すんなり食べてくれるように工夫しました。

キャベツとコーンのコールスロー(副菜)

キャベツは細かく切り、塩をもみ込んで15分おき、水気をしっかり絞る。ボウルにマヨネーズ、牛乳、カレーパウダー、塩を合わせ、キャベツとコーンを加えてあえる。

◇ポイント

キャベツからでた水気はしっかり絞る。

翌日食べるとさらにおいしいのでたくさんつくってつくりおきを。

コーンを加えるとキャベツが苦手な子もぱくぱく食べやすい。

子どもが大好きなマヨネーズ+カレー味は苦手なものが食べられるマジック!

キャベツとハムのドリア(主食)

キャベツ、玉ねぎはみじん切り、ハムは細切りに。フライパンで玉ねぎを炒め、キャベツ、ハムも加えて炒め合わせる。温かいごはんにバターと炒めた具材を混ぜ、塩、こしょうを振る。ホワイトソースを半量混ぜる。耐熱容器に入れ、残りのホワイトソース、チーズを広げてオーブンで焼く。

◇ポイント

キャベツはしんなりするまで炒めると口あたりがよく食べやすくなる。

ホワイトソースをつくるのが手間であれば市販のもので。

ごはんをマカロニにしてもおいしい!

キャベツinハンバーグ(主菜)

ボウルにパン粉、牛乳を入れて混ぜてから合いびき肉、キャベツの千切り、卵、塩、こしょうを加え、粘りがでるまで混ぜる。何等分かに分け厚めの円形に形を整える。フライパンに並べて両面をこんがりと焼き、水を加えてフタをして蒸し焼きにする。

◇ポイント

キャベツをたっぷり入れても食べやすいのでキャベツが苦手な子もパクパク食べられる。

ソース、マヨネーズをかけて、青のり、かつお節をのせてお好み焼き感覚で食べるのも楽しい! 関連記事:野菜たっぷりなのに子どもパクパク!秘密は離乳食にも取りわけにも便利なあの道具

著者:haruzo

年齢:37歳

子どもの年齢:5歳、2歳1カ月

5歳と2歳になる二人の男の子の母。出版社で編集者として勤務した後、出産を経て、現在は専業主婦に。長男の幼稚園入園を機に、ママ友事情を垣間見る日々。料理をつくること、食べることが好きで、子どもが『おいしい!』と喜んでくれる笑顔が見たくて、ごはんづくりに励む毎日。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

好き嫌いがでてくる幼児食。味や調理に変化をつけた「ほうれん草」克服レシピ!
離乳食調理で溜まり続ける「パンの耳」。もったいなくて捨てられず、冷蔵庫の中で◯◯が大繁殖!
食が細くて苦労した長女と、なんでもペロリの次女。姉妹でも一人ひとり違う離乳食の思い出

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP