ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『Allied(原題)』、初トレーラーでブラッド・ピットとマティオン・コリヤールが恋に落ちるスパイを演じる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールが、ロバート・ゼメキス監督が手掛ける第2次世界大戦を舞台にしたロマンス・スリル映画『Allied(原題)』の緊迫した初トレーラーで、恋に落ちるスパイを演じている。

8月12日(現地時間)、米パラマウント・ピクチャーズにより公開された60秒のティザーの中で、「これはゲームか?」と、ピットが尋ねる。彼は、「テストだ」と、告げられる。

ピットは、米国情報官のマックス・ヴァタンを演じる。ヴァタンはドイツ大使を殺害するために、1942年のカサブランカで敵陣での任務に赴き、抵抗勢力のフランス人兵士マリアンヌ・ボーセジュール(コティヤール)と出会う。彼らは、偽装結婚を余儀なくさせられるが、真実の愛に発展する。彼らがロンドンで再会した時に、戦争の圧力と彼らの過去の秘密により、その愛は最終的に試されることになる。

ピットは最近、デヴィッド・エアー監督の映画『フューリー』で戦車司令官のドン・“ウォーダディー”・コリアー軍曹として、また、クエンティン・タランティーノ監督の2009年の歴史改変SF映画『イングロリアス・バスターズ』ではアルド・レイン中尉を演じ、今回また、第2次世界大戦の舞台に戻ってくる。

パラマウントと最後にチームを組んだデンゼル・ワシントン主演の映画『フライト』で第67回アカデミー賞監督賞を受賞したゼメキス監督は、このスパイ・スリラー作品で賞レースに戻ってくることだろう。ゼメキス監督は、2015年のジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演した映画『ザ・ウォーク』では飛躍出来なかった。

『Allied(原題)』は、スティーヴン・ナイトが、かつて教えられた実話をもとに脚本を執筆した。ナイトは、パトリック・マコーミック、デニス・オサリバン、ジャック・ラプケと共にエグゼクティブ・プロデューサーも務める。ゼメキス監督とグレアム・キングが、プロデュースする。

同作には、リジー・キャプラン、マシュー・グード、ラフィー・キャシディ、シャーロット・ホープ、ジャレッド・ハリスも出演し、11月23日に米劇場公開となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。