体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この秋カップルで行きたい【栃木】人気デートスポット19選!定番から穴場まで

この秋カップルで行きたい【栃木】人気デートスポット19選!定番から穴場まで 170905_栃木メイン

過ごしやすく、風情のある季節・秋がやってきた!

そこで今回、じゃらんnet観光ガイドのクチコミから、秋におすすめのデートスポットを厳選。カップルに人気の高い紅葉スポットもピックアップ!

日本屈指の高原リゾート那須、体と身体も温まる日光・鬼怒川の温泉地、映画やPVで話題の人気ロケ地など、栃木ならではの秋デートを満喫しよう。

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

日光東照宮

日光東照宮出典:じゃらん 観光ガイド 日光東照宮

徳川家康の霊をまつる。陽明門に代表される華やかな建築物は、神仏混合の様式で他に類をみない。

\口コミ ピックアップ/

新しくなって素晴らしいの一言! 今回は家康のお墓もしっかり拝ませてもらいました。何故かこのスポットに来ると身が引き締まるのは日本人の証拠ではないでしょうか。

日本人である以上一度は訪れて頂きたい場所のひとつです!

(行った時期:2017年8月) 日光東照宮

住所/栃木県日光市山内2301

「日光東照宮」の詳細はこちら

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク出典:じゃらん 観光ガイド あしかがフラワーパーク

フジ、シロフジ、ムラサキフジで有名。1年中お花にあふれている。

冬季にはイルミネーションが点灯し、非常にあざやか。

\口コミ ピックアップ/

沢山花がさいていて、写真を撮りたくなるスポットも沢山ありました。ベンチで休みながらゆっくり過ごすことができました。

(行った時期:2016年10月) あしかがフラワーパーク

住所/栃木県足利市迫間町607

「あしかがフラワーパーク」の詳細はこちら

大谷石採石場跡・大谷資料館

大谷石採石場跡・大谷資料館出典:じゃらん 観光ガイド 大谷石採石場跡・大谷資料館

深さ30m、広さ2万m²にも及ぶ,大谷石の地下採掘場跡。岩肌が露出する坑内を歩きながら、大正8年の手堀りの時代から機械化された昭和35年までの採掘場の歴史を学べる。

\口コミ ピックアップ/

大谷石を掘り出して出来た巨大な地下空間です。ほどよく暗くライトアップされているのが幻想的で、デートスポットにぴったりです。

(行った時期:2017年7月) 大谷石採石場跡・大谷資料館

住所/栃木県宇都宮市大谷町909番地

「大谷石採石場跡・大谷資料館」の詳細はこちら

奥日光湯元温泉

奥日光湯元温泉出典:じゃらん 観光ガイド 奥日光湯元温泉

奥日光のうちでも最奥の温泉で、前面に湯ノ湖、背後に白根山などの高い山々をひかえる。近代的な建物が多い中にも、落ちついた雰囲気が漂っており、新緑・紅葉の季節をはじめスキーやキャンプ、登山の基地として一年中多くの観光客を迎えている。また、湯ノ湖一周、湯滝を通り、戦場ガ原、中禅寺湖へ、刈込・切込湖を通って光徳牧場へのハイキングコースも整備されている。

\口コミ ピックアップ/

硫黄の香り、白濁の湯。とてもいい湯です。

温泉に入れる温泉寺、その隣に広がる湯ノ平湿原もぜひ行ってみてほしい場所です。

(行った時期:2017年8月) 奥日光湯元温泉

住所/栃木県日光市湯元

「奥日光湯元温泉」の詳細はこちら

華厳滝

華厳滝出典:じゃらん 観光ガイド 華厳滝

日本三大名瀑の一つ。中禅寺湖の流出口にある。観瀑台までエレベーターが通じ、97メートルの岩壁を一気に落ちる様がみられる。

\口コミ ピックアップ/

滝の勢いが遠くからでも伝わってくるくらい迫力がありました。涼しくて気持ちよく利用できました。周辺には軽食店もあり楽しめました。

(行った時期:2017年5月) 華厳滝

住所/栃木県日光市中宮祠

「華厳滝」の詳細はこちら

湯西川温泉

湯西川温泉出典:じゃらん 観光ガイド 湯西川温泉

平家落人の伝説を秘めた、山あいの小盆地に湧く温泉。平家の落人の生活、歴史を知ることができる「平家の里」をはじめ、茅葺屋根の平家部落や「湯西歴史資料博物館」、さらには数多くの平家関係の史跡などを見てまわるコースは、ゆっくり見ても4~5時間。露天風呂を備えた旅館も何軒かある。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。