体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏のメイク悩みを即解決! プロ直伝! 簡単ベースメイクテク

f:id:ponparemall:20160725120917j:plain

汗によるメイク崩れや毛穴のひらきなど、夏はメイクの悩みが多いですよね。特に、顔のテカリによるメイク崩れは最大の懸念事項です。どうにかして、日中のテカリを抑えたい! S&Sヘアメイクスクール代表で、ヘアメイクアーティストとしても活躍するAGさんに、簡単にお顔のテカリを防ぐベースメイクの作り方についてうかがいました。

まずはお肌の調子を整えよう

AGさん曰く、「テカリを抑えるためには、まずお肌のpH(ペーハー)値を整えることが重要です」とのこと。テカリの原因は主に汗と皮脂と言われていますが、暑さによって顔の皮脂の量は冬の2倍になるという説もありますし、エアコンや紫外線などによる乾燥でも皮脂の量は増えてしまいます。皮脂の量をコントロールするために、お肌の酸性・アルカリ性の度合いを整えることが大事なのだそうです。

「健康的なお肌は弱酸性です。皮脂が多いお肌は酸性が、乾燥しているお肌はアルカリ性が強くなっています。健康的な弱酸性のお肌を保つためには、化粧水をたっぷりお肌に染み込ませ、十分な保湿ケアが必要です。手で化粧水を塗る場合、理想は5回ですが、最低でも3回は手に出して塗ったほうがいいですね。コットンの場合は、コットンがひたひたになるぐらい化粧水を染み込ませてからパッティングしてください。化粧水を染み込ませたコットンでパックするのも◎。ただし、やりすぎると逆に乾燥してしまうので、2〜3分ではずしてくださいね」(AGさん・以下同)

ありがちな問題として、パッティング中にコットンの繊維が毛羽立ってお肌に付着するのは化粧水が足りていない証拠。値段が高くて高品質な成分が入っている化粧水を積極的に使う必要はないので、とにかくジャブジャブ使えて刺激の少ない化粧水を使用するのがオススメだそうです。

f:id:ponparemall:20160725120941j:plain

AGさんのオススメは「キュレル」のシリーズ。刺激が少ない成分で作られており、お肌に必須な保湿成分「セラミド」も配合されていて、しっかり潤うそうです。

キュレル 化粧水Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 150ml/参考小売価格1,944円(税込/編集部調べ)

在庫を確認する⇒

化粧水などの美容成分をちゃんとお肌に染み込ませるために、角質のケアも抜かりなく!…という話をもありますが、角質ケアは毎日するべきなのでしょうか?

「角質はお肌を守る役目も果たしているので、取りすぎると逆にトラブルになることがあります。毎日ケアする必要はなく、週に2〜3回ほどで十分だと思いますよ。アルコール成分の多い拭き取りトナーなどで角質ケアをする場合は、やりすぎると乾燥肌の原因やシミのもとになることがあるので、気をつけてください」

化粧水をお肌にたっぷり染み込ませた後は美容液などでケアし、最後は潤いを閉じ込めるために保湿クリームで蓋を。保湿クリームのベタつきが気になる場合は、ジェルのようなテクスチャーの水分クリームを使ってみても良いかもしれません。また、「保湿クリームに少し水を混ぜて薄く伸ばすようにして塗るのもアリですよ!」とのことです。薄くでもいいので、しっかりと油分でお肌に蓋をすることが大切なようです。

とにかく薄く薄〜く塗りましょう!

f:id:ponparemall:20160725121156j:plain
1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。