ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエット中の肌荒れ、3つの原因とその対策

  • ガジェット通信を≫


ダイエットをして、髪にハリがなくなったり、肌荒れを起こしてしまったという経験はありませんか? どうしてダイエットをしていると髪や肌に影響するのでしょうか?

今回は、ダイエット中の肌荒れなどについて、医師に詳しい話を聞いてきました。

原因1:栄養面

カロリー制限をしていて、口にする食べ物が減り、体が必要とする栄養素が食事で十分まかなえない場合に、その栄養素を体内の組織にあるものから使用しようとする、ということがあります。

そのため、ダイエット食で不足することの多い、ビタミン類やたんぱく質などが髪や肌から奪われ、髪はハリやツヤが失われてパサパサしたり、肌がガサガサしてしまったりするものと考えられます。

【食事での改善方法】

・フルーツや野菜を多めにとる

カットフルーツや野菜スティックなどはカロリーも低く、ビタミンも多くの種類を取れるので、肌のためにも好ましいと考えられます。

・タンパク質の補給

例えば白身の魚(タラなど)や皮を含まない鶏肉などは利用しやすく、またカロリーも控えめですのでオススメです。

・炭水化物をきちんととる

炭水化物を極端に制限するようなダイエットは、リバウンドがする可能性も高くなります。

ただし、炭水化物を徹底的に排除するのはやめて、ある程度はとるよう心がけましょう。

原因2:便秘

ダイエット中の肌に影響を与える要素として、食事量の減少による便秘が考えられます。

便が長い間体内に貯留すると、有害物質も体内に長くとどまることになり、その成分が肌にも悪影響を与えます。

これを防ぐために、腸内細菌環境を整え、便秘を改善する働きのあるヨーグルトなどをとったり、軽い運動を取り入れるなども有効な方法です。

原因3:ストレス

ダイエット中にかかる精神的なストレスの問題も肌に影響します。思うように食べられない状態は、やはりだれにとってもストレスのたまるものです。

それ以外に空腹で眠れなくなったり、生活が不規則になることも大きなストレスとなります。

ダイエット中、自分なりにガス抜きする方法、ストレス解消法をいくつか見つけておくことも大切ですね。

医師からのアドバイス

ダイエットをして、せっかくボディラインはすっきりしても、肌はカサカサ、髪はパサパサでは、すっかりやつれただけ、というイメージにもなりかねません。

体の内部や肌の状態にも十分気を配りながら、美しくダイエットしたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

日本でNGが海外ではOK? 知っておきたい日本製品と海外製品の成分の違い
おやすみ前の5つの工夫で、美肌を目指しませんか?
飲み過ぎ注意! 飲酒がニキビにつながる3つの原因

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP