ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デジタルハーツ、VR酔いをテストし定量化するサービス開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社デジタルハーツは「VR酔いスコアリングサービス」の提供を開始したことを発表しました。

8,000を超えるテスターから様々な条件を設定してVR酔いを検証・研究

ゲーム・アミューズメント向けのデバッグサービスを提供する同社は、近年のVRの普及から、VRコンテンツ専属デバッグチームを結成し、VR特有のノウハウを研究していたとのこと。

今回開始したサービスは、これまでの研究からVRコンテンツにおける「酔いやすさ」を定量的に分析することが可能になるというものです。同社は、在籍する8,000名超のテスターから各性別・年代等、さらに乗り物に酔いにくい・3D酔い経験がない等の条件を設定した人物を選び、様々なジャンルのVRコンテンツの検証を実施します。

また「VR酔いスコアリングサービス」では、VR酔いの調査結果レポートの提供に加え、VR酔いの数値が高く出た項目においては、アクション別の分析を行い、ゲーム性・没入感の相関性を考慮した改善の提案が行われます。

同社はプレスリリースの中で、このサービスで「VRの魅力を最大限活かしたコンテンツ開発を支援いたします」と述べており、高品質なVRコンテンツを制作しやすい環境の整備を期待したいところです。

VR酔いのテストに関しては、既にイー・ガーディアンなど国内でもサービスが立ち上がってきています。個人差も激しく、簡単には判断できないVR酔い。離脱率の低いコンシューマー向けコンテンツの制作にあたって、テストサービスにも今後注目が集まりそうです。

(参考)
株式会社デジタルハーツ – プレスリリース
http://www.digitalhearts.co.jp/news_2016_160816.html

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP