ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片付け上手は痩せ上手?!スルスル痩せ出す魔法の片付けとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

要らない物は脂肪につながる?!

私は、ダイエットアドバイザーとして、ただ痩せるだけの指導はしていません。
皆さんの心から湧き上がるオーラとともに、身も心も軽くなり人生を楽しく過ごして頂きたいと考えています。
今まで2万人以上のカウンセリングを経て、女性と向き合ってきました。
女性はとても感受性が豊かな生き物です。
男性が「そんなことで?」と思うような言葉一つ一つに悲しみ苦しみ、辛い思いをします。中には、男性脳が優位な女性からすると、「そんなことで?」と思うようなことで悲しみ苦しむ方もいます。
どちらがいいとか悪いとかではなく、女性はだからこそ、人の弱さや悲しみに気づき元気づけるために、花を送ったり手紙を書いたり優しい言葉を送ったり…さりげないやさしさができるのではないでしょうか?
ただその感情を長引かせてしまい、物質にもついつい傾いてしまいます。
すると、本当に心が望んでいる、喜んでいる物質の中で生活をせず、「もういらないんだけど、せっかく貰ったものなのに捨てるなんてかわいそう」で、捨てられないからと何十年前のものをずっと引き出しの中に閉まっていたり、または、あることも知らずに放置されていたりします。

 

太った人は片付けもヘタ?!整理整頓とダイエットの関係とは

以前、デブは片付けられないというテーマの記事を見ました。外国では、肥満の患者さんの病気が良くならないとお家を訪問するそうです。そこで、肥満の方達のお家を訪問すると、物が片付けられず、物が散乱していたそうです。
朝起きてすぐ、周りにものが溢れている光景を最初に見ると、強烈に脳に送られます。すると、脳は受け取った映像通り自分の体にも体脂肪が溢れるように脳に命令してしまいます。
古い波動と老廃物の波動は、仲良しですのでお互い引き合います。
そこで、皆さんの視覚に入る映像をスッキリした映像になるように、一つずつ魔法の片付けをして頂きたいのです。
だからといって、全て完璧に綺麗をめざすと、「片付けないから私は痩せないんだ!」と変な執着になりますので、そうではなく、あの爽快感を味わって欲しいのです。
大晦日、一生懸命片付けた部屋は清々しいですよね。あの爽快感です。
まずベビーステップとして、自分がよく見るところからスタートしてみましょう。
例えば、主婦の方は家族のために買い物に行かれます。その時に必ず見るのは財布ですよね。
・運転免許証
・カラオケのカード
・保険証
・ポイントカード
・2ヶ月前のレシート
などがグチャグチャに入っていませんか??
毎日見る財布から、ごちゃごちゃしている映像を脳にどんどん送っていることになります。
体の中もごちゃごちゃと要らないセルライトが溜まってしまいます。

 

まずはここから!お財布をすっきりさせるベビーステップ

①財布にはクレジットカードしか入れない!
②お札はしっかり揃えてレシートは入れない!
③レシートは、こまめに整理する!
④ポイントカードは、別のカード入れにしまう。
ここからスタートしてみましょう。
すると、毎日財布の中がスッキリしていますから、見る度に爽快感!!
ベビーステップがうまくいきましたら、次はファーストステップです。

 

ファーストステップはキッチンの引き出し!

ファーストステップはキッチンの引き出しです。
財布の次によく見たりするのは、鞄や、キッチンの引き出し。
キッチン道具は、女性同士贈り物でたくさん頂いたりしませんか?
マグカップとか、お皿とか…でもあんまり使っていなかったり、すると引き出しを開ける度にごちゃごちゃして、見つけるのに時間がかかったり、あるのにまた買ってしまって不経済だったり。
同じようなものがある時には、「私が使うとなんだかワクワクして元気を貰えたり、なんだか嬉しい気持ちになるのは、どれだろう?」と質問してみてください。
そういった物だけにして、キッチンの引き出しも二割の空間を作るのです。
すると、毎日キッチンの引き出しを見る度にスッキリしていて、空間のある映像が脳に送られます。するとまた爽快感!!
その感覚を体も答えてどんどん体をスッキリさせてくれます。
財布、よく使うキッチンの引き出しから初めてみてください。
必ずあなたの、思考、感情、体がスッキリしてくるはずです。
私のクライアントは、停滞期になると、クライアントが悲しかった時に使っていた洋服や鞄などに感謝をして、処分したり喜んで使って下さる方に譲ったりされ、またそこから体重が減少していかれました。
何だか性格も声も明るくなられました!
自分のできること、聞いて後にやって見よう! それなら私にもできる! という所から始めてみてくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP