ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さくらしめじ、原点の大宮で成長のハーモニー響かせる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さくらしめじの4枚目となるシングル「ひだりむね」のリリースを記念したフリーイベントが、8月16日に大宮ステラタウンにて開催された。

久しぶりとなった関東でのフリーライヴだが、雨予報の中、さくらしめじがステージにたつと太陽が顔を出した。

「さくらしめじです!よろしくお願いします!」と定番となった2人の掛け声でライブは幕を開け、1曲目に演奏されたのは「はじまるきせつ」。優しくなげかけるような2人のハーモニーが奏であうと、あたたかい手拍子が会場中に響きわたった。

「今日はここ大宮で久しぶりにライヴができて、とてもうれしいです!」と笑顔で話す髙田彪我。「暑いですが、水分とって楽しんでいってください!」と田中雅功もフォローをする。この夏、全都道府県をフリーライブをしてまわる菌活の旅にて、中国、四国、九州とまわってきた彼らのコンビネーションの良さが、曲の演奏中だけでなくなにげないMCからも伝わってきた。

「次の曲は僕たちの4thシングルねこばんに収録されているこの曲です」と言って披露されたのは、新曲の「またたび」。 アコースティックギター2本だけの、完全な弾き語りで披露されたこの曲は、何気ない野良猫との日常を歌った曲である。 悲しくはないのに、どこか寂しく懐かしくなる、さくらしめじの代名詞とも呼べる“ちょっぴり切ない”が会場中に染み渡った。

続いて演奏されたのは4th表題曲であり、テレビ東京系ドラマ「こえ恋」のオープニングテーマにも抜擢された「ひだりむね」 サビでは2人のハーモニーがより強調され、「ドキドキドキドキ」と繰り返されるフレーズは、一度聴くと耳から離れない中毒性がある。 演奏中も嬉しそうに会場を見渡し笑顔をあふれさせながら歌う2人。その笑みが彼らが弾きだす音の粒にもそのままあらわれていた。

「ここ大宮は僕たちが結成してすぐの頃からストリートライブをさせてもらっていた思い出の場所なんです。そのころからずっと演奏している曲を、弾き語りで演奏させていただきます」と4曲目に披露されたのは彼らの1stシングルでもある「いくじなし」。 この曲が大宮の地ではじめて演奏されてからちょうど2年が経ち、一歩一歩あゆんできた彼らの成長をしっかりと感じることができた。

「今日もすごく楽しいライブが出来ました!ありがとうございました!」と言って、最後に披露されたのは4thシングル全タイプの共通カップリングとなっている「ふうせんはなび」。さくらしめじ初のサマーソングとなったこの曲のように、パッと綺麗な花火を咲かせてこのイベントに幕を閉じた。

「ひだりむね」リリース記念イベントは17日 ららぽーと立川立飛、18日 ららぽーと柏の葉、19日 ららぽーと富士見、20日 モリタウン昭島、21日 船橋西武と続いていく。さらに、明日8月17日には、現在開催中のフジテレビ『お台場みんなの夢大陸」』みんなの夢大陸マイナビステージ(フジテレビ本社屋1F)の『お祭りライブ!』に出演する。

10月9日には秋のワンマンライヴ『おたまじゃくしの宴』がよこすか芸術劇場にて開催。オフィシャルHPでは本日8月16日の18時よりチケット二次先行受付がスタートしている。

photo by ハヤシサトル

【セットリスト】
M1.はじまるきせつ

M2.またたび(弾き語り)

M3.ひだりむね

M4.いくじなし(弾き語り)

M5.ふうせんはなび

「お台場みんなの夢大陸2016」お祭りライブ!~さくらしめじ~
8月17日(水) みんなの夢大陸マイナビステージ(フジテレビ本社屋1F)

17:00~

※ 当日10:00から整理券配布予定

http://www.odaiba.com







カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP