ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いよいよ開催!世界遺産・下鴨神社が幻想的な光の空間に、チームラボによる「糺の森の光の祭」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産に登録されている下鴨神社(賀茂御祖神社)に、とっても幻想的なアート空間が出現します。

明日2016年8月17日(水)〜8月31日(水)の開催で開催される「下鴨神社 糺の森の光の祭」では、チームラボが手がけたアート空間が広がる「呼応する木々、下鴨神社 糺の森」と「呼応する球体 – 下鴨神社 糺の森」が展示されます。

「呼応する木々、下鴨神社 糺の森」では、世界遺産である下鴨神社の参道沿いの木々が幻想的にライトアップされ、まるで木々がそれぞれ呼吸しているかのような輝きを見せます。このライトアップは単調に光を発するわけではなく、人や動物が近くを通ると反応し光の色を変化させ音色を響かせるようになっています。長い参道で光りの大きさや動きを見ることでそこにいる人や動物の存在を感じることができるんです。

「呼応する球体 – 下鴨神社 糺の森」では、下鴨神社の楼門の中の空間に無数の光の球体が漂います。光の球体は自律し、強く輝いたり消えたりし、まるでゆっくりと呼吸しているかのようにふるまわれ、光の球体は、人が叩いたり何かにぶつかったりして衝撃を受けると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせます。

これまでにもチームラボの作品を紹介させていただきましたが、人の動きによって変化するしくみはチームラボならではですね。世界遺産で繰り広げられる幻想的な光の演出、実際に体感してみたいですね。

「呼応する木々 – 下鴨神社 糺の森」の様子が動画で紹介されていますのでぜひチェクしてみてください。

「下鴨神社 糺の森の光の祭」は2016年8月17日(水)~8月31日(水)の期間、 下鴨神社(賀茂御祖神社)にて公開されます。入場料は無料。

下鴨神社 糺の森の光の祭

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

「小正月」って知ってる?大きいお正月の次、小さいお正月に小豆粥をいただく
みたらし団子発祥の地・御手洗池で、手でなく足を洗う
焼きとり涼しそ〜ってオイwww ひんやりスイーツそっくりのやきとり「水菓子やきとり」登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP