ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フィリップス、「Fidelio for Android」など3機種のAndroid用スピーカードックを12月下旬に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フィリップス エレクトロニクス ジャパンがAndroid端末用のスピーカードック3製品を12月下旬より国内発売すると発表しました。製品は同社正規輸入代理店の小泉成器(KOIZUMI)を通じて、家電量販店やオンラインストアで販売されます。価格はオープン。

発表された3製品は、同社が9月のIFA 2011で発表した「Fidelio for Android」の「AS111」(上図左)と「AS351」(上図中央)、クロックラジオスピーカー「AS140」(上図右)。「AS140」には時計、アラーム機能、FMラジオが搭載されています。

Android端末をマイクロUSB端子の搭載位置によらず同じ位置にセットできるよう”回転”&”左右スライド”&”前後へ可動”する「フレキシドック」と呼ばれる充電用マイクロUSB端子が特徴で、多くの端末に対応すると言われています。再生する音楽はBluetooth通信(2.1以上)でスピーカーに伝送します。

Philips提供の「Philips Fidelio」アプリと、POTI提供のミュージックプレイヤーアプリ「Songbird」をAndroid端末にインストールすることで、Android端末内のSongbirdプレイリストの再生やインターネットラジオの再生、アラーム設定のほか、スピーカードックとのBluetooth自動接続設定やサウンド調節などを行うことができます。

英国のフィリップスオンラインショップでは、AS111はVAT込みで£70.00(約8,400円)、AS351はVAT込みで£129(約16,700円)で販売されています(AS140は不明)。

Source : フィリップス


(juggly.cn)記事関連リンク
Acer ICONIA Tab A200がFCCの認証を通過、ディスプレイサイズは10インチ前後
GPSトラッカー・MP3プレイヤーとして使えるMotorolaの小型Android端末「MotoActv」が米国で発売
米T-Mobile、HSPA+対応のGalaxy Tab 7.0 Plusを11月16日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。