ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チークなし。下地でメリハリ。陰影できる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自分をきれいにするためのメイクも、毎朝となると義務的になりがち。

そんなときに見つけたのが、メイクをエンターテインメントツールにしてしまうInstagram動画。

メイク前とメイク後が別人…! その遊び心がすてきです。

いまの気分をメイクで表現

まずはこちらの動画をご覧ください。

KCMさん(@krystalclearmakeup)が投稿した動画 – 2016 1月 31 6:15午後 PST

濃淡のコンシーラーで顔にハート、バツ、マルをペイント。ハートで描いた部分が光を取り込んで、ハッピーオーラが増して見えます。一日が楽しく始まりそう。

顔をキャンバスに見立てて…

続いてこちらの動画。

HELENA DŽELALIJAさん(@helena_makeup)が投稿した動画 – 2015 8月 11 5:17午前 PDT

輪郭と繊細なラインを2色のカラーで描きわけたあと、上手にブレンドすると、なんともナチュラルなグラデーション。

パキっとメリハリをつけない陰影メイクの参考は、自然界の色合いにあるのかもしれません。

ここまでくると、もはやアート作品

Sahur Saleimさん(@sahursart)が投稿した動画 – 2016 5月 26 11:56午前 PDT

消してしまうのがもったいない、アートレベル! メイクを仕上げる直前まで、こんなに美しい模様が自分の顔に描かれていたなんて、正直誰も気づきません。

自分だけのシークレット感もエンターテインメント性があり、毎日のメイク欲をそそります。

絵心ほしい!

写真/Sam Aronov / Shutterstock.com

■ あわせて読みたい

口紅あと残さない。グラスに口をつける前のリップコート
夏のドロドロ肌。Tゾーンも目元のよれも簡単に直す #メイク直しテク
汗だくの日のメイク直しはベビーパウダーが優秀よ #オネエ調べ
唇はディオールで自分色。ディテールで個性出す
パリジェンヌは自由自在。いますぐできるバンダナアレンジ
1分の予洗いで髪が変わる。ツヤを出すプロのテク
プロが本気で選んだ、素で勝負できるようになるコスメ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。