体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

難攻不落の高値相場に動きアリ!? 現行型ジムニー狙い勢は、今こそウォッチすべし!

▲今年10月で発売から19年の現行型ジムニー。欲しかったけど買えなかったという方には、今こそチェックしていただきたいです!

▲今年10月で発売から19年の現行型ジムニー。欲しかったけど買えなかったという方には、今こそチェックしていただきたいです!

ブレない“らしさ”で人気の軽SUV

コンパクトな四駆が欲しい、軽が良いけど雪国だから走破性を重視したい、無骨なデザインのSUVが欲しい……。そんなニーズに応えてきたのが、スズキの軽SUV ジムニー。

軽自動車規格に収まりながらも、ラフロードまで走破できる素晴らしい性能を持った本格SUVです。コンパクトといっても4人乗車でき、荷物もそれなりに積載可能。税金は軽価格で済むのに、いざというシーンでは心強い味方になってくれます。無骨なデザインに抵抗がなければ、このサイズ感は女性にも嬉しいポイントですし、考えれば考えるほど合理的なマシンですよね。

そんなジムニーも、初代誕生からもうすぐ30年。これだけ聞けば「なかなか伝統あるモデルね」くらいの印象ですが、特出すべきは“とにかく変わらない”ことです。

というのも、現在生産されている現行型は、フルモデルチェンジしてから今年でなんと19年目に突入する超ご長寿モデル。多くのメーカーが、長くても3~5年周期でビッグマイナーチェンジやモデルチェンジをしている中、ジムニーは仕様変更や特別仕様車の追加のみで、佇まいはずっと変わらないままなんです。流行に左右されずブレないキャラクターは、多くのファンを魅了してきました。それがゆえ、でしょうか……。

大変悩ましいことに、中古車相場もブレないんです。

▲カクカクボディのリアにスペアタイヤを背負う。いかにもオフロードなスタイルは、流行に惑わされないザ・王道SUV

▲カクカクボディのリアにスペアタイヤを背負う。いかにもオフロードなスタイルは、流行に惑わされないザ・王道SUV

▲使い勝手こそ「もの凄く良い」とまではいきませんが、不満は感じないインテリア。シンプルで古風な雰囲気ですが、助手席の下には収納スペースもあったりと、スズキらしい心配りも

▲使い勝手こそ「もの凄く良い」とまではいきませんが、不満は感じないインテリア。シンプルで古風な雰囲気ですが、助手席の下には収納スペースもあったりと、スズキらしい心配りも

えっ、10年前のモデルが、そんな値段……!?

例えば、今から10年前に生産された2006年式のベーシックグレード「XC」の価格を見てみましょう。

2016年8月上旬現在、全国に存在する(カーセンサーnet調べ)14台の物件中2台が100万円オーバー。さらに5台が70万円以上と、軽自動車としてはなかなかの高値。147.2万円~という新車価格と比較しても、良くて半額というところでしょうか。ちなみに、同じスズキの軽自動車でもワゴンRの場合、10年前のモデルに50万円以上の物件は存在しません。

これは、中古車にありがちな「昔の希少なモデルだから」とか「珍しいモデルだから」という理由ではなく(もちろん特別仕様車などにはそういった理由のモデルもアリ)極度にモデルチェンジが少なく、見た目が変わらないがゆえ、古いモデルの価値が落ちにくいというのが要因でしょう。

また、軽SUVという、人気の四駆車の中でもかなり競合が限られる分野に君臨しているということもあると思います。とにかくこの『中古車なのに決して安くない』お値段は、長らく多くの人の悩みでもありました。

まさに、スタイルだけでなく価格も“ブレない”モデル。このままSUV人気にさらにあおられ、いくら待ったって現行型で買い得なモデルなんて出てこないんだ……。多くの方がそう思っていたことでしょう。

しかしそれが今……ブレそうな動きを見せているんです。

増加中の低走行車がカギ

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。