ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名古屋人 名古屋場所の千秋楽で土俵の砂を持って帰る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 23万部超のベストセラーとなった『京都ぎらい』は、京都人の「いけず」さを指摘して多くの人の共感を呼んだ。しかし、「京都ぎらい」よりも潜在数は多い説も存在するのが「名古屋ぎらい」。「何かイラッとする」と不人気な「第3の都市」について調べてみた。スポーツ編をお届けしよう。

●ドラゴンズがBクラスの時は会社中「機嫌が悪い」
調子がいい時はドームは満員、視聴率もいいが、Bクラスに落ちると見向きもしない。

●送りバントを「メイデン」と呼ぶ
イチローの出身校でもある強豪・愛工大名電は、とにかくバントを多用するため、いつからかこう呼ぶようになった。

●大相撲名古屋場所の千秋楽では、みんなが土俵の砂を持って帰る
甲子園の砂じゃあるまいし。かつては土俵がなくなってしまったことも。

◆監修/川合登志和(『名古屋あるある』共著者)

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

【関連記事】
名古屋めし 天むす、トンテキ、モーニングにパクリ疑惑
名古屋人のトラウマ 1992年3月14日の「屈辱の朝」
名古屋の常識 じゃんけんのチョキはピーでアメ横は名古屋

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP