ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SPYAIR、上海初ワンマン&韓国野外フェスも大盛況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SPYAIRが8月13日、上海・浅水湾文化芸術センター Q HALLにて、中国では初となるワンマンライヴを行った。

チケットは発売と同時に即ソールドアウト。 当日は早朝からライヴへの期待に胸を膨らませた多くのファンが、建物を取り囲んで長蛇の列を作るほど、彼らの人気を実証する盛り上がりを見せていた。

開演を告げるアナウンスが流れると、場内に「SPYAIR! SPYAIR!」コールが響き渡った。 「THIS IS HOW WE ROCK」でステージが幕を開けると、満場のフロアからは割れんばかりのシンガロングが巻き起こった。

「初の上海でのワンマンライヴに来てくれて本当にどうもありがとう!今日みんなに伝えたいことはひとつです。ダージャイチハイバ!(みんな楽しもう)」 というIKE(Vo.)の一声をきっかけに「アイム・ア・ビリーバー」「Last Moment」といった、中国でも大人気のアニメソングを立て続けに披露、一瞬にして会場を興奮のるつぼに巻き込んだ。

SPYAIRおなじみのMCコーナーでは、中国語でのコール&レスポンスや、「ウォアイニー マン(みんな愛してる)」といった言葉を贈り、音楽だけでなく、言葉の壁をも乗り越えてファンと交流。あたたかい空気を作りだした。 こうしてアンコール含め全15曲を披露。再び訪中することを約束して、初の中国単独公演は大成功を収めた。

一夜明けて8月14日にはSPYAIRデビュー以来のゆかりの地でもある、韓国の最大級の野外ロックフェスティバル『INCHEON PENTAPORT ROCK FESTIVAL 2016』に初出演。 同イベントのヘッドライナーsuede、weezerといったビックネームと並んでのメインステージでのパフォーマンスとなった。

ライヴ終盤IKEが「全てが終わる前に1つだけ伝えたいことがって・・・」と12月の韓国ワンマンライヴ開催決定を告げるプラカードを掲げると、思いがけないサプライズ告知に客席からは「オオオーー!!!」という大きなどよめきと共に、割れんばかりの拍手が起こった。

なお、今月末には台湾で開催される『NO FEAR FESTIVAL 2016』にも出演が決まっており、アジアでの快進撃はまだまだ続く。

日本ではバンド史上最大級規模のアリーナツアー『真冬の大サーカス』が決定! 勢いを増すばかりのSPYAIRの今後の動きにも大注目だ!

photo by (C)KAINICHI ENTERTAINMENT INC.、Chester Photography

■ イベント『真冬の大サーカス』特設サイト

http://www.spyair.net/arenatour2016_2017/

■SPYAIR オフィシャルHP

http://www.spyair.net

【ライヴ情報】
SPYAIR ARENA TOUR 2016-2017『真冬の大サーカス』

12月29日(木) 日本ガイシホール

12月30日(金) 日本ガイシホール

<2017年>

1月15日(日) 大阪城ホール

1月20日(金) 国立代々木競技場 第一体育館

1月21日(土) 国立代々木競技場 第一体育館

『SPYAIR LIVE in SEOUL 2016』

12月04日(日) YES24 LIVE HALL(元AX KOREA)













カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。