ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

解散発表のSMAP「世界に一つだけの花」ほか各作品がオリコン急浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月14日未明のSMAP解散発表報道を受け、彼らの各作品が大きく売上を伸ばした。

年明け以降、再びランクインを続けている「世界に⼀つだけの花(シングル・ヴァージョン)」(2003年3月発売)が週間売上0.5万枚(累積売上272.7万枚、歴代シングル売上第8位)で先週8月15日付の88位から17位へ、TBSテレビのリオ五輪テーマソングに起用され、8月1日付週間ランキングに再登場した「ありがとう」(2006年10月発売)が週間売上0.2万枚(累積売上35.3万枚)で先週の36位から29位へ上昇した。

また、本日発表8月14日付デイリーランキングでは、「世界に〜」が売上0.4万枚で3位(前日30位)、「ありがとう」が売上0.1万枚で7位(前日47位)となったのを筆頭に、シングルTOP100内に7作、アルバムTOP100内に4作がランクインしている。

なお、SMAPはこれまでにリリースしたシングル55作すべてがTOP10入りを果たし、「シングル連続TOP10入り作品数」歴代1位記録を保持しているほか、「シングル総売上枚数(2016年8月15日付までの累積値に8月22日付週間TOP100内にランクインした作品の売上を加算した速報値)」は2412.7万枚で歴代アーティスト5位となっている。また、「シングル首位獲得作品数」は33作で歴代5位を記録している。

関連リンク

Smap – Johnny’s nethttp://www.johnnys-net.jp/page?artist=6&id=artistTop

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP