体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡っ子のソウルフード、懐かしの「むっちゃん万十」を大人買い♥

f:id:mesitsu_lb:20160726100454j:plain

「むっちゃん万十」とは有明海の干潟に住む珍魚、ムツゴロウの形をしたたい焼きのような焼き饅頭。

ムツゴロウのあんが入っているとかいう訳ではなく、創業者(先代社長)が有明海に面した長崎県諫早市の出身で、干拓事業で数が減りつつある有明海のシンボル、ムツゴロウを焼き型にして存在をアピールしたいという願いを込めて「むっちゃん」と呼んだということらしい。

普通のたい焼きと異なるのは、具がアンコやカスタードなどのおやつ系だけでなく、ハムエッグやハンバーガーなどの惣菜系もあること。

饅頭というよりむしろ軽食という感じで、特にマヨネーズ&半熟玉子の黄身がとろける「ハムエッグ」が、およそ30年前の「むっちゃん万十」登場以来、学生に大人気。

本店は福岡市のお隣・大野城市にあるのだが、香椎や西新、大橋など福岡の下町にはだいたい系列店があって、部活帰りの腹ペコ学生のお腹を満たしてきた。マヨネーズと卵黄の濃厚な味は、かぶりついて溢れ出たマヨネーズや玉子でズボンやスカートを汚しちゃったという悲劇の思い出とともに、福岡で学生時代を送った人なら誰の記憶の中にも必ずあるはずだ。

そういうわけで「むっちゃん万十」はだいたい学生の多い街の中にあるのが一般的なのだが、小戸店はちょっとタイプが違う。

福岡市西部〜佐賀県の海辺のお出かけエリア、今宿・糸島・唐津方面に続く「唐津街道」こと国道202号のロードサイドにあって、派手な看板が目を引く郊外型店舗。車が停められる、つまり出不精な大人でも行きやすい店なのだ。

学生時代を懐かしんで、大量に大人買いしていく人も多数。作り置きはせず、焼くのは注文が入ってから。店内にはイスやテーブル、マンガ本や雑誌があるので多少の待ち時間は苦にならないが、事前の電話予約がオススメだ。行楽の弁当代わりにもいいし、帰りのお土産にも重宝する。

f:id:mesitsu_lb:20160726100620j:plain

小戸店は街道沿いにある、郊外型「むっちゃん万十」。車で行けるのがオトナにはうれしい。

f:id:mesitsu_lb:20160726100728j:plain

全部焼きたて! つまり注文が入ってから焼くので、待ち時間が惜しい人は事前に電話予約を。

f:id:mesitsu_lb:20160726100801j:plain

壁のメニューには昔ながらの6種類しか書かれていないが、今はウィンナーと「とんとん」が加わっている。

ハムエッグ、ハンバーガー、ウィンナーの惣菜系トリオは各160円。黒あん、白あん、カスタード、そしてチョコレートのおやつ系は各130円。やはり人気ナンバーワンはハムエッグで、「だいたい7割はハムエッグですね」と小戸店の店長・三苫太輔(みとまたいすけ)さん。去年期間限定で登場し、大人気となってレギュラー化された豚の角煮入り「とんとん」は、ちょっぴり贅沢に1個250円だ。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。