体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原の食を支える蕎麦の名店に行ってみた @『朝日屋』

asahiya026_R

ガジェット通信編集部のある秋葉原は、意外とビジネス街の要素もあります。恐らく読者の中にも秋葉原周辺で働いている人が沢山居られる事でしょう。

ということで、秋葉原周辺には観光客が来ないようなマニアックな飲食店も多くあり、そこら辺を地味に紹介するのも筆者(YELLOW)の得意とする所であります。

忙しいサラリーマンにとって食事とは“戦闘食”であり、値段だけではなく提供スピードも大事です。

そんな時、昔から愛されているのが“蕎麦屋”で御座います。

秋葉原と言えば神田、神田と言えば江戸っ子がチャキチャキとチャキる土地柄ですでの、昔から蕎麦を食べる文化が根付いています。

さっと入って蕎麦をズバっとたぐって仕事に戻る一連の所作は、まさに秋葉原らしい光景とも言えるのではないでしょうか?

『朝日屋』の歴史

asahiya022_R

そんな蕎麦屋の中でも老舗と呼べるのが『朝日屋』ではないでしょうか?

ちなみに『朝日屋』と名乗る蕎麦屋さんは多くて、元は1909年(明治42年)に上野で開業したのが元祖らしいです。

その流れを受け継ぐ渋谷の総本家は”創業明治40年”と言われていて、暖簾分け?となる秋葉原の『朝日屋』が明治23年創業でさらに古いと言うのは謎ですね。

どの話も計算が合わないので、元から『朝日屋』が複数あったのかも知れません。

まあ、何処が本家とかよりも蕎麦の味の方が大事なので、筆者的にはスルーする方向で良いと思います。

『カツ丼セット』を所望する!

asahiya000_R

そして、さも蕎麦を食べると思わせつつ、さりげなく“カツ丼”も食べるのも筆者です。

asahiya001_R

ぶっちゃけ、経験上から言わせて頂くと“蕎麦”だけの場合はビジュアル的にもネタ的にも弱く、記事を書く上で不都合が生じる可能性大であり、とりあえずカツ丼のセットなら写真も2倍になるので記事のボリュームも2倍になるであろうと言う事情が、あったりなかったりするのです。

本日のサービスは”茹で玉子”である!

asahiya018_R

日替わりでサービス内容は変わると思うのですが、この日は茹で玉子でした。

asahiya025_R

若干、この茹で玉子をどのように食べるのか悩む可能性は否めませんが、先客が使ったと思われる卓上塩がポンと置いてあったので、何も考えずに素のまま食べるのが正解でしょうか?

asahiya002_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。