体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

物想いの秋、大切な人と二人きりで訪れたい青森のデートスポット20選!

物想いの秋、大切な人と二人きりで訪れたい青森のデートスポット20選! 青森

涼風が物憂いしい気分を運んでくるこの季節は、素敵な恋人との時間をより大切にしたい…

じゃらん編集部では、そんな全ての恋人たちのために秋の青森県のデートスポットを厳選!

他の季節でも美しい山や渓流は、紅葉シーズンには格別の表情を見せるからおすすめ。

秋ならではの二人の時間を、存分に楽しんで。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流

十和田八幡平国立公園の中にあり、十和田湖から流出する唯一の河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの約14kmの流れが、奥入瀬渓流とされ、千変万化の渓流美を構成し、四季を通しての景勝地である。渓流には遊歩道が整備されており、渓流沿いにはいくつもの滝が点在する。十和田湖観光には欠かせない散策ポイント。

渓流沿いの遊歩道では4時間半くらいのトレッキングが楽しめる。豊かな樹木や大小の滝、巨大な岩や切り立った崖などが景観に彩りを加える。新緑や紅葉の時期は、特に美しい景観をみせる。1928年に天然記念物に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

秋の東北、奥入瀬渓谷の自然を見てきました。柔らかな川の流れと霧のような水煙、折れた木があちらこちらにそのままあり苔がびっしりはえてます。奥入瀬渓谷では石一個、木の幹一本も持ち帰ってはいけないとバスガイドさんから注意を受けました。自然を維持することは地道な努力がいるのですね。川の流れが速くなったり、ゆったりしたり十和田湖からの水量は豊富です。紅葉のシーズンも良いのですが春の新緑の頃も大変キレイだそうです。次回の楽しみにしたいと思います。 奥入瀬渓流

住所/青森県十和田市大字奥瀬

TEL/0176-75-2425

「奥入瀬渓流」の詳細はこちら

酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯温泉

八甲田の主峰大岳の西麓標高900mの高所にある温泉。1軒宿ではあるが、400人収容と規模の大きな旅館がある。ここの名物「ヒバ千人風呂」は、その名のとおりマンモスな混浴湯で、老若男女が和気あいあいのムードで湯に浸っている。5カ所の源泉のうち、4つがこの千人風呂に集まっており、「熱ノ湯」「冷えノ湯」「四分六分ノ湯」「鹿ノ湯滝」に分かれている。

また、もう一つの名物「マンジュウふかし」は、地中から噴き出している熱い蒸気の上に木箱が置いてあり、その上に腰かけるもので、冷え症や痔に効くという。湯治には、3日ひとまわり、10日を1湯治期にするといわれ、ふつうは1週間から10日滞在湯治をする。宿には炊事場が何カ所もあり、売店、炊事道具の貸出し所、床屋、美容室などのほか、温泉療養相談室では温泉療養士が入浴法などの指導をしてくれる。

◎マンジュウふかし 温泉から少し離れたところにある。地中から噴き出している熱い蒸気の上に木箱が置いてあり、その上に腰かけるもので、冷え症や痔に効くという。なお、湯は酸が強いので、せっけんを使っても泡がたたない。

\口コミ ピックアップ/

10月の3連休に宿泊しました。ものすごく混雑しており、特に日帰り客の多さが目立ちました。日帰り時間が終わると、それほど混雑することもなくゆっくり入ることができました。この名物の千人風呂は完全混浴ですが、女性専用時間を朝と夜に1時間ずつ設けていることや専用の湯あみ(有料で千円)がありますので、女性の方も安心して入浴できると思います。温泉の泉質は硫黄泉で、浴室は秘湯感がいっぱいで、とても満足しました。 酸ヶ湯温泉

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。