ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DJ OSSHY、大人のためのクルージング・パーティー「TOKYO AOR CRUISE」を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京湾でレストランクルーズ船「シンフォニー」を運営する株式会社シーライン東京(はとバスグループ)が、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルの協力のもと、ミックスCD『TOKYO AOR mixed by DJ OSSHY』の発売を記念して、9月11日に「TOKYO AOR CRUISE」を運航する事を発表した。

近年の「80’sディスコ・リバイバル」の火付け役であり、お昼のディスコ番組『Disco Train』(TOKYO MXテレビ)などにレギュラー出演するDJ OSSHY(オッシー)をホストに迎え、船内ではAORの名曲を集めたミックスCD『TOKYO AOR』の発売を記念したDJパーティーの他に、ラジオDJのルーシー・ケントと音楽評論家・金澤寿和によるトークショーなどが開催される。

ボズ・スキャッグスやTOTO、デヴィッド・フォスター&ジェイ・グレイドンによる伝説的ユニット、エアプレイなど、70年代後半から巻き起こったAdult Oriented Rock=通称AORと呼ばれた音楽ジャンルは、ここ日本でも大きな音楽的なムーヴメントを起こし、多くの熱心なファンを生み出した。また、ここ数年は若い世代のミュージシャンや音楽ファンからの再評価の声も高まっている“AOR”。今年2016年は、元祖AORといわれるボズ・スキャッグスの『シルク・ディグリーズ』のリリースから40周年を迎えることもあり、ますます盛り上がりを見せている。70~80年代に青春を過ごした世代は、アメリカ西海岸のライフスタイルに憧れを抱き、影響を受けた世代であり、AORなど洋楽に親しみ、ドライブ用に「マイ・テープ」を編集した人も多いはず。このイベントでは“大切な女性に贈ったのは、こんなマイ・テープでした”をコンセプトに、DJ OSSHYによる、大人のためのAOR&ディスコ・クルージングが楽しめるだろう。

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルでは、現在「AOR CITY 1000」と題したAORキャンペーンを実施中。ソニーミュージックの洋楽レーベルColumbia/Epic/RCA/Aristaの豊富なカタログから、70~80年代のAORの名盤・レア盤100タイトル(7/27発売:50タイトル、8/17発売:50タイトル)を、お求めやすい1,000円(税別)でリリースする。

「TOKYO AOR CRUISE」
9月11日(日) 18:30乗船開始/19:00出航(~21:30帰港予定)

※雨天実施。台風など荒天時は、当日午前中にWEBサイトでご案内いたします。

会場(使用船):シンフォニー・クラシカ

料金:¥6,000(料金には乗船料、フリードリンク、消費税込。フードは別料金で船内で承ります。)

※20歳未満の方はお申込みいただけません。

募集人数:先着200人

申込・予約:8月15日(月)10:00~ 

※シーライン東京にて電話予約開始

TEL. 03-3798-8101(10:00~19:30/年中無休)

http://www.symphony-cruise.co.jp/

※“Something 70’s & 80’s”

当日70~80年代の懐かしいモノ・お宝をお持ちいただいた方には記念品を進呈いたします。

アルバム『TOKYO AOR mixed by DJ OSSHY』
2016年8月24日(水)発売

SICP-30960/¥2,000+税

※ブックレットにはDJ OSSHYのコメント掲載

<収録曲>

1. ジョジョ/ボズ・スキャッグス

2. ウーマン・ニーズ・ラヴ/レイ・パーカーJr.

3. 99/TOTO

4. リヴィン・イット・アップ/ビル・ラバウンティ

5. ウェイト・フォー・ミー/ダリル・ホール&ジョン・オーツ

6. ワーク・イット・アウト/ブレイクウォーター

7. フーリッシュ・ハート/スティーヴ・ペリー

8. チェンジ・オブ・ハート/エリック・カルメン

9. クール・ナイト/ポール・デイヴィス

10. ラストタイム・ラヴ/グレッグ・ギドリー

11. マジック/ディック・セント・ニクラウス

12. ユー・アー/ナイトフライト

13. アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン/アース・ウインド&ファイアー

14. シーイング・ユー/ジミー・メッシーナ

15. フーズ・ライト、フーズ・ロング/ペイジズ

16. ハート・トゥ・ハート/ケニー・ロギンス

17. ホワット・ア・フール・ビリーヴズ/アレサ・フランクリン

18. アイ・ジャスト・ウォント・トゥ・ラヴ・ユー/スタンリー・クラーク&ジョージ・デューク

19. ロンリー・フリーウェイ/ラリー・リー

20. ホールド・オン/サンタナ

21. 彼女はウェイト・フォー・ミー/エアプレイ

※曲間は空いておらず、前後の曲が重なって聞こえます。予めご了承ください。





カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP