ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都・下鴨神社で神秘的な光のアート空間を心静かに感じる☆大切な人と今夏に行きたいロマンティックな夜イベント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中から観光客が集まる京都。いまや世界の観光都市ランキングで1位に選ばれるほど注目される京都で、古式ゆかしい神社を舞台とした光のアートが開催される。夏の思い出に大切な人と訪れれば、心に素敵な1ページが残せそうだ。

プログラマやエンジニア、CGアニメーター、建築家などさまざまな分野のスペシャリストで構成されているウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」が、京都の下鴨神社(賀茂御祖神社)で行う「下鴨神社 糺の森の光の祭(しもがもじんじゃ ただすのもりのひかりのまつり)」で2016年8月17日(水)~8月31日(水)に展示するのは、世界遺産の糺(ただす)の森の参道が光のアート空間になる作品「呼応する木々、下鴨神社 糺の森」と、「呼応する球体 – 下鴨神社」

「呼応する木々 – 下鴨神社 糺の森」は、世界遺産・下鴨神社の糺(ただす)の森の参道沿いの木々をライトアップし、光のアート空間となる作品。下鴨神社の糺の森の中の参道沿いの木々はライトアップで光り輝き、光は強く輝いたり消えたりして呼吸しているように見える。鑑賞者や動物が木々の光近くを通れば、色は変化し、音色が響き、次々と伝播する。参道の向こうから光が押し寄せてきていれば、向こう側に人や動物がいることを知ることができ、同じ空間に他者が存在することをいつもより意識できるだろう。
「呼応する球体 – 下鴨神社」は、下鴨神社の楼門の中の空間に、光の球体をただよわせる作品。光の球体は、人が叩いたりぶつかると光の色が変化。色特有の音色が響く。まわりの球体も同じ色に変化し呼応する。輝いたり消えたり、まるで呼吸をしているかのようだ。近くの木の光も呼応し、楼門を超えて参道の木々の光も呼応したり音色を響かせる。「下鴨神社 糺の森の光の祭」がライトアップされる時間は、18:00~21:30で入場料は無料となっている。世界遺産の下鴨神社で幻想的な光のアートを、ぜひ大切な人との思い出にしてみてはいかが?

「呼応する木々」の動画も公開されているので興味のある方はこちらへ。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=46&v=u3RRxERP7P0

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP