ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お肌のハリに効果アリ?!スーパー穀物“キヌア”を使ったレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お肌のハリが戻る?!貧血や冷えの美容効果とは

最近お肌のハリがなくなってきた…なんて感じることはありませんか?
ハリも潤いもあるお肌を取り戻すのにぴったりな食材が、今「スーパー穀物」として人気のキヌアなんです!
キヌアには白米と比較してたんぱく質も2倍以上含まれており、必須アミノ酸がバランスよく含まれています。またビタミンB群やビタミンD、E、葉酸などのビタミン、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルも豊富に含んでいます。
特に葉酸の含有量が多く、緑黄色野菜に匹敵する量とも言われています。葉酸と鉄のダブルで、女性に多い貧血や冷え性の予防効果が期待できます。
貧血になると、全身への酸素が欠乏してしまいます。酸欠になるとお肌に生き生きとしたハリがなくなり、お肌のターンオーバーも遅くなります。さらにコラーゲンの合成が遅くなり、シワやたるみの原因にも!
そんな貧血や冷え性予防におすすめな、キヌアを使った朝食レシピをご紹介します。

 

焼ききのことキヌアのチョップドサラダのレシピ

■カロリー:204kcal(1人分)
■調理時間:約20分
<材料(2人分)>
キヌア:30g
オリーブオイル:小さじ1/2
水:80㏄
コンソメ(顆粒):小さじ1/8
ベーコン(粗みじん切り):1枚分
マッシュルーム(4等分):2個分
エリンギ(1㎝角):40g
[A]にんにく(つぶす):1/2片分
[A]アンチョビペースト:小さじ1
[A]ケーパー:小さじ1
オリーブオイル:大さじ1
塩・黒こしょう:各少々
[B]エキストラバージンオリーブオイル:小さじ2
[B]ケーパーの漬け汁:小さじ1
[B]レモンのしぼり汁:小さじ1
[B]塩:小さじ1/4
[B]黒こしょう:少々
[C]グリーンリーフ(1㎝角):40g
[C]きゅうり(1㎝角):40g
[C]ミックスビーンズ(水煮):40g
[C]トレビス(1㎝角):20g
[C]プチトマト(縦4等分):4個分
<作り方>
①フライパンにオリーブオイル(小さじ1/2)を熱し、キヌアを入れ、炒める(中火 約30秒)。
②水・コンソメを加え加熱し(強火)、沸騰したら弱火にしてフタをし、約15分煮たら火を止め、そのまま約5分蒸らす。
③別のフライパンにオリーブオイル(大さじ1)・[A]を入れ、つぶしながら香りが出るまで加熱する(弱火)。
④ベーコン・マッシュルーム・エリンギを加え、焼き色をつけるように炒め、塩・黒こしょう(各少々)で下味をつける。
⑤ボウルに[B]を入れよく混ぜ、②④[C]を加え、混ぜ器に盛り付ける。

 

美容にも健康にもいい朝食で1日をスタート!

1日のエネルギーを補給する朝食。美容にも健康にもいい食材で、しっかりと食べることが大切です。しかも、一食約204kcalでとってもヘルシー。カロリーが気になる方も安心して食べていただけます。
ぜひ、毎日の朝食に取り入れてみてください。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP