ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノートパソコンは薄い軽い安い時代に突入。ASUS Vivobook E200HAとVAIO Pro 13 mk2を比較レビュー

  • ガジェット通信を≫


ASUS Vivobook E200HA(11インチ)とVAIO Pro 13 mk2(13インチ生産終了)を比較してみました。ASUS Vivobook E200HAと比較するなら、同じ11インチのVAIO S11と比較するべきでしょう。その辺はご愛敬ということで。

ASUS Vivobook E200HA(11インチ)は、3万円台で購入できて、薄い、軽い、安いと評判のノートパソコンです。約980g 超軽量でありながら、約12時間バッテリー駆動するというノートです。

ASUS VivobookをAmazonでチェック

薄い軽い安い時代が到来

今まで、薄い軽い=高いという付加価値でしたが、これからは薄い軽いは、当たり前で、さらに安い時代に突入しました。薄い軽い安い時代です。

来年には、薄い軽い安い+早いの時代になるでしょう。消費者としては楽しみです。メーカーとして、大変な時代です。2016年7月に発表されたXiaomi Mi Notebook Airなど、まさに薄い軽い安い+早いの製品です。10万円以上の薄型ノートの品質を持ちながら、7万円ぐらいで発売となります。

ASUS Vivobook E200HAのパッケージはこんな感じです。


SPECは、Atom系のCPUです。Atom系といっても、オフィス作業程度なら十分な性能です。メモリは2GB、ストレージは32GBのeMMC(SSDより遅いHDDより速い)です。OSはWindows10です。

パッケージを開けると、おしゃれな感じです。

丸みがあるデザインです。卵形で強度があります。

裏面。

VAIO Pro 13 mk2といろいろ比較してみましょう。

13インチとは、あまり比較になりませんが。

ASUS Vivobook E200HAの薄さを見てみましょう。VAIO Pro 13 mk2に迫る薄さです。

VAIO Pro 13 mk2の一番厚い部分は、ASUS Vivobook E200HAと同じぐらいかもしれません。

先端は、VAIO Pro 13 mk2の方が薄いかも。

厚さは同じぐらいの印象ですが、ASUS Vivobook E200HAのほうが、重く分厚く感じます。同じ重さで、11インチと13インチなので、11インチの方が重たく感じるのでしょう。

ASUS Vivobook E200HAを片手で持つと、重たいなーと感じます。

これが3万円とは、良い時代になりました。

キーのレイアウトも日本語の標準的な配置です。キーとキーの感覚がちょっと狭い印象です。11インチなので、当然かもしれません。

打ち心地は悪くありません。普通な感じです。

そういえば、付属品にMicroSDの32GBが付属しています。良い配慮です。

ASUS Vivobook E200HAのタッチパットは、すごく大きいです。クリックボタンは一体型です。

広くて使いやすそうですが、実際に操作してみると、使い難いです。左クリックとタッチパットの動作が干渉します。使い心地には、個人差があるでしょう。

ASUS Vivobook E200HAの液晶は十分な解像度があります。小さい文字もしっかり見えます。

やはり液晶は、10万円以上したVAIO Pro 13 mk2の方が綺麗です。解像度は同じぐらい、発色はVAIO Pro 13 mk2の方が良い感じです。

ASUS Vivobook E200HAは、3万円のノートの液晶としては十分な品質です。

ASUS Vivobook E200HAのバッテリーの持ちは驚異的です。10時間は動きそうです。

VAIO Pro 13 mk2の方は、2~3時間の動作がせいぜいです。

キーボードを比較してみます。キーの配置はほぼ同じです。ASUS Vivobook E200HAの方が、縦に詰まった配置です。

キーボードの横幅も若干、ASUS Vivobook E200HAの方が小さいです。縦も横もつまった感じで、タイピングすると窮屈な感じがします。

ASUS Vivobook E200HAは、オフィスやネットでYoutube等の視聴程度なら、快適に動きます。Core iシリーズと比べると、若干もたもたしますが、十分快適に動きます。

10時間もバッテリーで動作する1kg未満のノートパソコンとして、3万円なら十分活躍できます。家のセカンドパソコンにもちょうど良いですね。

ASUS VivobookをAmazonでチェック

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP