体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界を旅して生み出した、究極の「クラフトサンドウィッチ専門店」が渋谷にオープン!

7月30日(土)にオープンしたばかりの「GRAIN BREAD AND BREW」は、世界中で食べ歩きをしてきた“サンドウィッチギーク”が開いた「クラフトサンドウィッチ専門店」。場所は渋谷と恵比寿の中間あたり。渋谷氷川神社の参道入口という、落ち着いたロケーションも魅力なんです。

世界のサンドウィッチ
約15種類が楽しめる!

世界を旅して生み出した、究極の「クラフトサンドウィッチ専門店」が渋谷にオープン!
世界を旅して生み出した、究極の「クラフトサンドウィッチ専門店」が渋谷にオープン!

「ヘルシーイメージなサンドウィッチですが、ニューヨークで食べたそれは、ハートと腹にガツンとくるソウルフードでした。香港で食べたサンドウィッチの具材は未だ正体がわからず、イスラエルのファラヘルサンドには感動すら覚えました。漬け汁に浸して食べるものもあります。まったくもって、世界は広い」

GRAIN BREAD AND BREWで食べられるのは、そう話すオーナーがプロデュースする世界のサンドウィッチ約15種類!注文を受けてから調理するため、たしかに時間は少々かかります。が、そのぶん美味しさは折り紙付き。
世界を旅して生み出した、究極の「クラフトサンドウィッチ専門店」が渋谷にオープン!

たとえばこれは、「100gベーコン モンスタースタイル」。具材の真ん中に堂々と居座る巨大なベーコンの塊がインパクト大。言わずもがな、食べ応えバツグンです。
世界を旅して生み出した、究極の「クラフトサンドウィッチ専門店」が渋谷にオープン!

こちらはオススメの「ディップシリーズ」のひとつ。アメリカに昔からある、グレイビーソースにサンドウィッチを浸して食べる慣習を元にしたものです。

ボリュームたっぷりの具材が詰まったバゲットを浸すことで、複雑な味わいと食べやすさの両方がバランス良く楽しめるというわけ。もちろん浸さず、そのまま食べても◎。肝心の具材は、「フライドベジタブルと生野菜」「自家製コンビーフ」の2種類からチョイスが可能。

「夜サンドウィッチ」もOK

世界を旅して生み出した、究極の「クラフトサンドウィッチ専門店」が渋谷にオープン!

サンドウィッチと聞くと、なんとなく昼食のイメージ。きっとそれって、どこか物足りない軽食のイメージがあるからかも。

でも、ここには「今夜は軽めの夕食で」気分の人から、「がっつり肉だ!」の男性まで満足できるラインナップが揃っています。もはや、「夜サンドウィッチ」がスタンダードになっても不思議ではありません。

もちろん、
コーヒーにもこだわりが

世界を旅して生み出した、究極の「クラフトサンドウィッチ専門店」が渋谷にオープン!
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。