ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネズミ捕りは路肩にパイロンを見つけたら要注意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

無人式のオービスと違って、有人式のスピード取り締まり「ネズミ捕り」は神出鬼没。ネズミ捕りはなかなか対処できません。とはいえ、ネズミ捕りの行われやすいロケーションには共通点があります。そして、ネズミ捕りは路肩にパイロンを見つけたら要注意なのです。

ネズミ捕りは路肩のパイロンに注意

道路を走っていると有人式のスピード取り締まり「ネズミ捕り」の予兆はあるもの。それを知る知らないでは大違いです。対向車のパッシングがネズミ捕りが行われていることの合図というのはドライバーの常識でしょう。

そして、不自然に道路脇にパイロンが置かれている時はネズミ捕りに要注意! このパイロンは、バイク等が道路に飛び出している取り締まり機器に衝突しないように置かれているのです。

ネズミ捕りが行われやすいロケーションとしては「見通しのよい幹線道路」があります。信号が少なく、ついつい飛ばしてしまう幹線道路は危険度大。晴れた休日の午前などはとくに危険です。

ネズミ捕りが行われやすい場所とは

「長い橋や緩やかな坂」もネズミ捕りが行われやすい場所。川岸まで直線が続き、信号がないため橋はスピードを出しがち。特にゆるやかな坂になっている場合は警察官が見えずに危険です。

ネズミ捕りを仕掛ける側は人間心理の裏側を巧みに突いたような意外な場所で行うこともあります。警察署の直前に仕掛けて、そのまま警察署に直行なんてケースもあるのです。

また、場合によっては同じ場所でレーダー式と光電式とランダムに変えて行っているところもあります。レーダー探知機に反応がないからといって、安心してはいけないのです。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP