ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『Wonder Woman(原題)』のパティ・ジェンキンス監督、「めちゃくちゃな作品」との主張に反論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『Wonder Woman(原題)』のパティ・ジェンキンス監督が、米ワーナー・ブラザースの元社員によって書かれたとされる、同社が2013年に公開した映画『マン・オブ・スティール』から、今月に公開した映画『スーサイド・スクワッド』に至るまで、レベルの低いスーパーヒーロー映画を多く製作していると批判する公開書簡に対して反応した。この書簡は、『Wonder Woman(原題)』が「めちゃくちゃ(mess)な」作品になることも示唆していた。

書簡には、「もしかしたら、『Wonder Woman(原題)』はめちゃくちゃな作品にはならないかもしれない」とも書かれている。「素晴らしい予告編を盾にしようとするな。内部の人間は、新たな失敗作になると確信している。何度も何度も同じ過ちを繰り返す同じプロデューサーや幹部連中に報酬を与え続けるのは、半ば感動的なことだ」。

書簡を書いた者の身元は明らかになっていないが、ジェンキンス監督は喜ばしくない様子。彼女は12日に、一連のツイートで批判の言葉に反応している。





ジェンキンス監督は、「これは作り上げられた、でっち上げ」、「ソースを明らかにしてほしい」とツイート。

さらにジェンキンス監督は、「できないだろう。なぜなら、全くの間違いだから。嘘つきの広告屋を信じる必要はない。誰かが誤った情報を拡散しようとしている」と続けている。







書簡の中で批判されたすべての映画は酷評を受けているが、どの作品も興行面では世界的に成功を収めている。『スーサイド・スクワッド』は、公開2週目にして週末の興行収入でもトップを維持する見込みだ。

ガル・ガドット主演の『Wonder Woman(原題)』は、2017年の6月2日に米劇場公開される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP