体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

何かいいことありそう?自然が生み出す虹色の木「レインボー・ユーカリ」

何かいいことありそう?自然が生み出す虹色の「Rainbow Eucalyptus Tree」

空に虹がかかっているのを見かけると、訳もなく幸せな気分になりますよね。実は世界には、そんな虹のように美しい木が存在するのです。

■関連記事
ハワイ・オアフ島のパワースポット、マカプウ・ヒーリングプール

http://tabizine.jp/2016/03/20/62393/

虹色の美しさの秘密は樹皮

何かいいことありそう?自然が生み出す虹色の「Rainbow Eucalyptus Tree」

こちらが、その虹色の木「レインボー・ユーカリ」(Rainbow Eucalyptus)。そう、コアラが食べるユーカリの一種です。けれどオーストラリア原産ではなく、フィリピンやインドネシア、パプアニューギニアなどが原産国だと言われています。

何かいいことありそう?自然が生み出す虹色の「Rainbow Eucalyptus Tree」

一番最初に発見されたフィリピンのミンダナオ島にちなんで「ミンダナオ・ガムツリー」(Mindanao Gum Tree)と呼ばれることもあるのだとか。ユーカリとしては唯一北半球に生息している種類になります。

何かいいことありそう?自然が生み出す虹色の「Rainbow Eucalyptus Tree」

こちらは、樹皮のアップ。天然の色だなんて信じられないくらい鮮やかですね。どうしてこんな風に色鮮やかになるのかというと、樹皮の性質に秘密があります。レインボー・ユーカリの樹皮は非常にむけやすいのですが、そのむける時期が一定ではないので、時間と共にそれぞれの部分が独自の変化を見せているのです。

何かいいことありそう?自然が生み出す虹色の「Rainbow Eucalyptus Tree」

おおよその色の変化の流れは、新しくはがれた部分がダークグリーン、それが時間と共に青や紫、ピンク、オレンジ、赤や栗色に変化していき、そして最後に茶色に戻るのだとか。

ハワイでも観られる雄大な姿

何かいいことありそう?自然が生み出す虹色の「Rainbow Eucalyptus Tree」

この自然が生み出した芸術、毎日眺めて変化を楽しんでも、飽きないでしょうね!

何かいいことありそう?自然が生み出す虹色の「Rainbow Eucalyptus Tree」

しかし本来は観賞用ではなく、製紙用に出荷される木なのだとか。こんなにカラフルな木から作られても、紙は白く仕上がるそうなので不思議です。家具の材料となることもあり、その際は明るい色合いは消えてしまうそうですが、茶色やグリーンの風合いは残るのだとか。世界に一つだけの色合いの家具になりそう!

何かいいことありそう?自然が生み出す虹色の「Rainbow Eucalyptus Tree」
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。