ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

原子力安全庁のサイト作成に1億4000万円 細野原発担当相に「水増し」指摘

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
細野豪志原発事故担当相

 「原子力安全庁」(仮称)のホームページ作成費として、1.4億円が三次補正予算案に計上されていることが2011年11月8日、自民党・茂木敏充政調会長の指摘でわかった。

 原子力安全庁は、環境省の外局として来年4月に発足予定の機関。経済産業省の原子力安全・保安院や内閣府の原子力安全委員会が統合され、原子炉・核燃料物質などの使用に関する規制、安全性の確認、環境モニタリングなどを担う組織になるとされている。

 茂木政調会長は11月8日午前の衆議院予算委員会で、細野豪志原発事故担当相に、

「細野大臣がこれから所管をする原子力安全庁。三次補正の発足準備経費の中にホームページの作成費も入っている。1.4億円。政府からもらった数字なので、間違いない。1億4000万円をかけて、どんなホームページを作るのか」

と質問。これに対して、1.4億円のホームページ作成費について「承知していなかった」という細野原担相は、

「ホームページというのは、多分に広報を主な目的とするところにある。その効果をしっかりと見たうえで、予算というものをしっかりと立てていかなければならないと思う。1.4億円という予算が、他省庁と比較して本当に適正かどうか、しっかりと確認をしなければならない」

とし、1.4億円の予算が適正であるか精査する意向を示した。

 この答弁を受け茂木政調会長は、「明らかに代理店の言いなりの『水増し』。官僚に任せないで自身でチェックをして欲しい」と厳しい意見を浴びせた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]原子力安全庁サイト作成費1.4億円の指摘から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv70085393?po=news&ref=news#33:36

(丹羽一臣)

【関連記事】
藤村官房長官の公式サイトに脆弱性か 管理画面に誰でもアクセス可能な状態
細野担当相、原発手順書めぐり「過酷事故対策は電力会社との情報共有が絶対必要」
細野大臣、1~5ミリシーベルトの除染支援対象「福島に限定しない」
政府、緊急時避難準備区域の解除を決定 枝野氏「着実な一歩を踏み出した」
細野担当相、原発手順書めぐり「過酷事故対策は電力会社との情報共有が絶対必要」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。