ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブルーインパルスの演技で機体の最短距離は1m

DATE:
  • ガジェット通信を≫

離陸直後に見られるブルーインパルスの編隊飛行が「ファンブレイク」です。4機のT-4が密集したダイヤモンド隊形で会場左後方からやって来るという、意表を突くかたちで進入してきます。スモークを使わないファンブレイクの見どころはその機体の密度なのです。

ブルーインパルス機体間の最短距離

ファンブレイクでのブルーインパルス機体間の最短の距離はおよそ1m。全課目の中で最も密度が高く、接触してしまいそうにも見えます。無線の「ファンブレイク、レッツゴー」の声を聞き逃さないようにしたいところです。

ファンブレイクはスモークを使わない課目なので、引いて撮るよりは望遠で寄って撮影するのがオススメ。会場内からだと400~600mmぐらいがベストな焦点距離です。

この後、周辺の天候調査を行っていた5番機からの報告を元に、1番機の編隊長がブルーインパルスが行う演技の区分を決定します。

ブルーインパルスのスモークの合図

天候調査をしていた5番機が会場左手から進入し、スモークを出しながら機体を右回転で90度ずつ4回ひねって1回転する課目が「4ポイントロール」です。ビシビシと決まるロールは見ていて気持がよく、1機のみですが近い位置を飛ぶため迫力があります。

進入してきてすぐに背中を見せる方向となるので、会場の左側にいると背中のアップが撮影可能です。右側にいると場所によっては近い位置を飛ぶ時にお腹が見える体勢となってしまうかもしれません。

ブルーインパルスのスモークを出す合図は無線で「ワン、スモーク」と指示するのですが、5番機ソロと、5・6番機による課目の場合は「ファイブ、スモークオン」となり、次の課目が判断できます。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(文/名須川優 写真/星智徳)

関連記事リンク(外部サイト)

戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP