体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

朦朧とする意識のなか聞こえる、主人と母の励ましの声。初めての出産に心強い支え

f:id:akasuguedi:20160813233345p:plain

主人と自分の母親に立ち会ってもらい、無事出産を終えることが出来ました。

はじめは、主人のみの立会いを希望しておりました。

これから、共に我が子を育てていくパートナーとして、我が子の出産にはどうしても立ち会って欲しかったのです。

また、我が子の出産の瞬間をおさめるべく、ビデオ撮影をお願いしていたのですが、これは病院のきまりで却下されました。

産後の撮影はOKでしたので、我が子との対面の後からの映像は撮れました。

母にも立ち会ってもらう事になったのは、成り行きでしたが、今では本当に良かったと思っています。 関連記事:初めての出産。不安もいっぱいの心に一番響いたのは、母の声でした!

私が陣痛を迎えたのは18時、実家でシャワーを浴びている最中でした。

もしかしたら今夜出産になるかもしれないと思い、家族で早々と食事を済ませました。

その頃には、陣痛の間隔が10分間隔になっており、病院へ電話をした上で向かいました。

父は仕事、弟には何か必要になった際に持ってきてもらえるよう実家に待機してもらい、主人には連絡を入れましたが、病院へ来るまでに2~3時間程かかるとの事だったので母に病院へ付き添ってもらいました。

経験者である母親に付き添ってもらえると、自分のして欲しい事をすぐ理解してもらえるので、とても助かりました。

(腰をさすってもらったり、水分補給の手伝い、陣痛の間隔のカウントや、何かあった時に看護師さんを呼んでもらう等々)

病院に着くなり、陣痛が酷くなり、始めの内はおしゃべりも出来ましたが、しばらくすると、陣痛が来る度に耐えることしか出来ず、口数も減っていきました。

陣痛の間隔が狭まってくると、見たくないのに時計にばかりに目が行きました。

またあの痛みに襲われる。そう思うと辛くてたまりませんでした。

その度に、母が励ましてくれたり、経験談を話してくれる事で気を紛らわせたりさせてくれました。

そうこうしているうちに主人が病院に到着しました。

初産ということもあり、かなり長いお産になるのではと覚悟していましたが、主人が来てから1時間程で子宮口が開き、出産のためのお部屋に移されました。

ずっと付き添ってくれ、腰をさすってくれていた母にも、我が子の出産に立ち会って欲しいと思い、そのまま分娩室にも腰をさすってもらうためにも付き添ってもらいました。

初めは、中々いきませてもらえず、本当に痛く苦しく辛い時間が過ぎました。

その間に、どのようにしていきむのかを、看護師さんから説明を受けました。

息を思いっきり吸って、止めて、大きい方を排泄するときのように力を入れる…といったような説明だったかと。

「いきんで良いですよ!」と、看護師さんに言われるも、どれが「いきみ」かよく分からず…。

ただ、看護師さんからは「上手ですよ、それですよ!」と、言われるので、その時の感覚をなんども反芻しながら繰り返しました。

長く便秘で苦しみ、お手洗いにこもっているときに「うーん!!」と力を入れる感じに近かったです。ただし、痛みはその比ではありませんが…。

何度も何度もその痛みと苦しみを繰り返しますが、その間中頭にあるのは「このまま死ねたら楽になれる!楽になりたい!いっそ殺してくれ!」という思いと、「赤ちゃんも頑張ってる!死ぬ気で頑張らねば!早く会いたい!!」という、相反するような思いでした。

周りの励ましの声は膜が張っている向こう側から聞こえるような感じでした。

時々正気に戻り、その時に聞こえてくる主人と母の励ましがありがたく感じました。

側にいてくれて、手を握り、腰をさすり、励まし続けてくれた2人には大変感謝しています。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。