体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【気になる世界の朝ごはん】朝食から甘いものが好き。 フランス編

TABIZINEライターのsweetsholicです。快適な1日のスタートに欠かせない朝ごはん。世界の人たちはどのようなものを食べているのか、気になりませんか? 旅行の際にはぜひ味わってみたい、世界の朝ごはんをお届けします。

■あわせて読みたい
【気になる世界の朝ごはん】イタリア中部地方、トスカーナ編
フランス生まれではなかった!? 「クロワッサン」の豆知識

朝食時には、甘いものを好む人が多いフランス。塩味派にとっては、ちょっとキビシイかも!? 今回は、ほんのり甘めの「フランスの朝ごはん」をご紹介します。

【気になる世界の朝ごはん】「クロワッサン」は毎日食べない? フランス編

フランスの朝食といえば、タルティーヌ!

【気になる世界の朝ごはん】「クロワッサン」は毎日食べない? フランス編

昼食時のサンドイッチに、夜はメインの料理と共にいただくバゲット。もちろん、朝食としても大変ポピュラーです。朝食時にはバゲットを縦半分に切って、バターとジャム、はちみつ、あるいはチョコレートスプレッドなどを塗って食べる「タルティーヌ」が、コーヒーやオレンジジュースと共に食卓に並びます。

サクッと食べられる、朝食用ビスケットにラスク

【気になる世界の朝ごはん】「クロワッサン」は毎日食べない? フランス編
(C) sweetsholic

食物繊維やビタミンなどが摂れる朝食用ビスケット、食パンやブリオッシュなどのパンで作った「ラスク」なども手軽に食べられることから、人気の高いアイテムです。後者はプレーンタイプのものから、チョコチップやドライフルーツ入りのもの、穀物配合のものに至るまで、かなりのラインナップ。

■あわせて読みたい
国内で買えるものも!フランスで人気の「朝食用ビスケット」が気になる

「クロワッサン」は毎日食べない?

【気になる世界の朝ごはん】「クロワッサン」は毎日食べない? フランス編

フランスの朝食を彷彿とさせる、クロワッサンにチョコ入りの「パン・オ・ショコラ」、コーヒーにオレンジジュース。こんな朝食が毎日食べられたら最高ですよね。でも実際のところ、現地の人たちがクロワッサンやパン・オ・ショコラを食べるのは、時間に余裕のある週末やバカンス中など。とはいえ、10〜11時頃までに現地のカフェに足を運べば、必ず食べられるメニューです。

ところで、フランスにはバター入りの「ブール」と、そうでない「ナチュール」、2つのタイプのクロワッサンが存在するのをご存知でしょうか? 

デザート感覚で楽しむ朝ごはん「ヴィエノワズリー」

【気になる世界の朝ごはん】「クロワッサン」は毎日食べない? フランス編
クロワッサン生地にカスタードクリームとあんずを焼き込んだ菓子パン。パリのベーカリーカフェにて (C) sweetsholic

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。