ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米T-Mobile、HSPA+対応のGalaxy Tab 7.0 Plusを11月16日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米T-Mobileが7インチHoenycombタブレット「Galaxy Tab 7.0 Plus(SGH-T869)」を発表しました。米国時間11月16日に発売されます。価格はT-Mobileとの2年契約で$249($50のリベート後)。
T-Mobile版Galaxy Tab 7.0 PlusはGT-P6200(国際版)と同じく下り最大21MbpsのHSPA+に対応します。OSはAndroid 3.2(Honeycomb)で、UIはSamsung独自のTouchWiz。ストレージ容量は16GB(microSD/microSDHC対応)。
スペックは、7インチWSVGAサイズPSL-LCD、Samsung Exynos 4210 1.2GHz(デュアルコア)、1GBのRAM、背面に300万画素/前面に200万画素カメラを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth 3.0、GSM(850/900/1800/100MHz)/WCDMA(AWS/1900/2100MHz)、DLNA、Wi-Fi Directなどに対応します。バッテリー容量は4,000mAh。本体サイズは193.65mm×122.37mm×9.96mm、質量は345g。T-MobileはGalaxy Tab 7.0 Plusと同じ7インチHoneycob 3.2タブレット「SpringBoard(MediaPad)」を発表済みですが、そちらは4Gタブレットの低価格モデルという位置づけで販売されるようです。SpringBoardの価格はT-Mobileとの2年契約で$179。Source : T-Mobile


(juggly.cn)記事関連リンク
米パナソニック、ToughbookブランドのAndroidタブレット「ToughPad」2機種を発表、2012年春より発売
NTTドコモ、「REGZA Phone T-01D」を11月18日に、「Galaxy S II LTE SC-03D」を11月24日に発売
「ATOK for Android v1.1.0」が公開、入力方式に「2タッチ入力」が追加、Windows/Mac向けATOKと登録単語の共有も可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。