ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貴方の知らない医療の世界…「補完代替医療」ってなに?

  • ガジェット通信を≫


「補完代替医療」と聞いてもピンとこない方が大多数かもしれませんが、この医療はまさに「故きを温ね新しきを知る」といった言葉が合います。

通常の医療現場ではおこなわれない医療・医学を指したこの「補完代替医療」、現状はどのようになっているのでしょうか。

今回はこの「補完代替医療」について、医師に聞いてみました。

「補完代替医療」の定義を教えてください

「補完代替医療」とは、現在医療機関で受けられる医療の主流となっている、西洋医学の考え方による医療を補うものとして考えられる医療を指します。

どの治療を補完代替医療として扱うかは、国によっても異なります。

例えばヨーロッパで通常の医療として行われている何種類かのハーブによる治療は、米国や日本においては補完代替治療として扱われる、といった例がありますね。

通常医療とはどのような違いがありますか。

通常医療は、簡単にいうと現在医療機関で受けられる、例えば抗生物質や鎮痛解熱剤、ステロイド剤などのお薬を用いた薬物療法や、腫瘍に対する手術療法、放射線による治療などを指す言葉です。

通常医療ではカバーできない部分や、通常医療と異なるアプローチで状態の改善を図るものが補完代替医療ということになります。

「補完代替医療」は具体的にどのようなタイプに分類が出来ますか?

分類の方法はいくつもあるのですが、NIH、アメリカ国立衛生研究所にある国立補完統合衛生センター(NCCIH)と呼ばれる権威ある機関では、補完医療を大きく2つに分類しています。

・ハーブや生薬を用いた天然のもの

・マッサージや鍼灸、ヨガや気功などの心身療法

「補完代替医療」はどのようなシーンで利用されますか

原因不明の体調不良や、がんなどの治療の補助などとして用いられることもありますし、健康維持を目的としてもちいられることもあります。

また、風邪などを引いた際にも、病院のお薬ではなくこちらを好む方もいらっしゃいます。

非常に幅広い分野を含む概念なので、あらゆる場面で用いられる可能性がありますが、より注目を浴びるのはやはり現在の通常医療で治療が困難な分野であることが多いのではないでしょうか。

「補完代替医療」を利用する際の注意点を教えてください

補完代替医療は、あくまで現在のところ少なくとも公的なエビデンス、つまりデータに裏打ちされた治療効果ははっきりしないものです。

もちろん、今後、医薬品同様の効果が証明されるものもあるかもしれませんが、使用するときは自己責任ということになります。

健康保険も基本的に適用されないことが多いので、効果面、費用面、両方から十分気を付けて行うかどうか検討する必要がありますね。

まとめとして、「補完代替医療」についてアドバイスをお願いします。

補完代替医療は、確かに長い歴史があったり、体調がよくなったという話もよく聞くことがあります。

その一方で、通常医療を早い段階で行っておけば治ったはずの初期のがんなどを、補完代替療法、民間療法に頼ったために手遅れにしてしまった、という話もまた、時々聞くことのある話ではあります。

西洋医学の欠点ももちろんありますが、確実性が高い治療法が多いのもまた通常医療の非常に高く評価されるゆえんでもあります。

それぞれの良い点、注意点を知ったうえで上手に、賢く利用しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

なぜ今、がん医療に「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が求められるのか<後編>
将来医療業界で働きたいなら覚えておきたい。「医療従事者」と「コ・メディカル」の違いを教えて!
なぜ今、がん医療に「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が求められるのか<前編>

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP