体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

佐渡島のおすすめ観光スポット19選

佐渡島のおすすめ観光スポット19選

新潟県を代表する観光地である佐渡島。自然溢れる観光スポットや絶景に魅了されたり、地元の生活や文化、そして歴史を肌で感じてみたりと、数多くの魅力があります。

今回は、そんな佐渡島に行った際、訪れるべきオススメの定番の観光スポット、または穴場な観光スポットを厳選してご紹介いたします。

*編集部追記
2017年4月公開の記事に、新たに3スポットを追加しました。(2018/1/9)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

佐渡島に行ってみての感想

photo by pixta

私が佐渡島を訪れたのは夏で、強い日差しを受け生き生きと輝いた、自然の素晴らしい緑が堪能できました。佐渡島は沖縄本島に次ぐ大きさを誇る場所で、なんと東京23区や淡路島よりも大きいです。数多くの文化遺産が残されており、日本の古き良き伝統を感じられる街並みも人気!

名物である「たらい舟」の乗船に挑戦してみましたが、ぷかぷかと浮かぶように進んで行くたらい舟に乗っていると、自然とゆったりとした気持ちになりました。船頭さんが佐渡のたらい舟の歴史などを話してくれるので、ぜひ楽しくコミュニケーションを図ってみてくださいね!

その他、大正時代など昔に建てられた建造物が並ぶ「宿根木(しゅくねぎ)」は、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されており、歩いていると「一体今はいつの時代なんだろう?」なんて不思議な気持ちになります。

 

おすすめのベストスポット

photo by pixta

私がおすすめするのは、1601年に江戸幕府により開山されて以来、なんと400以上もの歴史を誇った佐渡金山の遺跡です。廃墟マニアにはたまらない、朽ち果てた建物と自然の見事な融合!

所要時間約100分という盛りだくさんの見学ツアーもおすすめなので、ぜひ参加してみてください。特に「大立竪坑(おおだてたてこう)」という日本初の洋式立坑は、ツアーに参加しなければ入れないそうなので、非常に貴重な体験ができますよ◎

 

1.佐渡金山遺跡

asstudiotaさん(@gf01_bmc)がシェアした投稿 – 2016 8月 4 8:39午後 PDT

1601年に発見されて以来、388年間もの間採掘が続けられた佐渡金山。こちらは、その当時の様子を再現した見学施設です。

施設内を見学するコースは2通りあり、当時使用されていた坑道や機械などを見学できるコースと、採掘作業の様子を再現したリアルな人形などを見ることができるコースがあります。

そのまま動き出しそうな精巧な人形を見ていると、当時の様子がひしひしと伝わってくるようです。
■詳細情報
・名称:佐渡金山
・住所:新潟県佐渡市下相川1305
・アクセス:両津港から車で1時間~1時間30分/両津港よりバスで「佐渡金山」下車すぐ
・営業時間:夏季(4~10月)8時00分~17時30分/冬季(11~3月)8時30分~16時30分
・定休日:年中無休
・電話番号:0259-74-2389
・料金:各コース大人900円、小中学生450円/共通券大人1400円、小中学生700円
・公式サイトURL:http://sado-kinzan.com

 

2.佐渡奉行所

@wazurawashiiyoが投稿した写真 – 2016 3月 20 9:30午後 PDT

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。