ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暑さも吹き飛ぶ涼しげなデザイン☆「涙の椅子」が素敵すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暑さが本格化する今日この頃ですが、デザイン事務所「PRODUCT DESIGN CENTER」が手掛けた「TEAR DPOP CHAIR/涙の椅子」は、その名の通り「涙」をモチーフにしたデザインで、見ているだけで涼しい気分にさせてくれます。

・素材はビニールと水のみ

この椅子に使われている素材は、厚み0.3mm のビニールと水のみ。

人が一生で流すと言われる、64リットルの涙を水で表現したユニークなアイデアで、見えないものを可視化した画期的なプロダクトデザインです。

・気になる座り心地は?

涙の椅子は、東京ミッドタウン「DESIGNTOUCH 2014」に出展された作品で、残念ながら販売はされていないようです。

本物の水が使わているので、座り心地はウォーターベッドのような無重力感を味わえるのでしょうか。

気になるところですね。

存在感のあるルックスは、お部屋のインテリアとしてもとっても素敵♪

商品化を熱望したい、注目デザインです。

PRODUCT DESIGN CENTERは他にも素晴らしいデザインを多く手掛けているので、気になる人は公式ホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか。

PRODUCT DESIGN CENTER
http://www.productdesigncenter.jp/

家具(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP