ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

城田優らミュージカル界を牽引する4人が考えていること

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 芝居・歌・ダンスが一体となった“ミュージカル”。今、ミュージカル界で注目されている俳優たちがいます。歌唱力、演技力はトップクラス、出演する舞台のチケットは即日完売するなど、その人気はとどまることを知りません。そんなミュージカル界を牽引している俳優4名をクローズアップ!

 まずは、ミュージカル界の人気を牽引している実力派俳優・浦井健治(34才)から。

「最近ミュージカル界が注目されるようになっているようで、本当に嬉しいですね。ミュージカルは、ぼくにとってかけがえのないものです。そこでたくさんの人に出会い、たくさんのことを学んできました。座長をやらせていただく機会も増え、身の引き締まる思いでいっぱいになります。オーケストラの指揮者のかたは誰よりもオーケストラのメンバーを大事に思い、譜面台なども率先して運んでいると聞きます。そのように、カンパニー全体を笑顔で包めるような自分でありたいと常に思っています」

■ミュージカル『王家の紋章』
 連載開始から40年を迎える少女漫画の金字塔が世界初のミュージカルに。8月5~27日まで帝国劇場(東京・日比谷)にて上演。美しく若きエジプト王“メンフィス”役で主演。

【浦井健治(うらい・けんじ)】
1981年8月6日生まれ。東京都出身。2000年に『仮面ライダークウガ』で俳優デビュー。2004年『エリザベート』ルドルフ皇太子役に抜擢。以降ミュージカルからストレートプレイまで、数々の話題作に出演。読売演劇大賞最優秀男優賞など多数受賞。デビュー15周年を迎え、ソロとして初めてのCD『Wonderland』(8月3日、エイベックス)、オフィシャルブック『アシアト』(8月8日、キネマ旬報社)が発売される。また、初めてのコンサートが東京国際フォーラム・ホールA(9月29日)にて開催される。

 続いて、圧倒的な歌唱力で見る者を魅了する城田優(30才)。2016年1~3月まで『地球ゴージャス』、5~6月は自身が演出する舞台『アップルツリー』、6月からは『エリザベート』に出演。

「今年は珍しくミュージカルのお仕事中心の1年でしたしたね。ここ最近は宝塚のトップスターのかたがやられるような、大きな役を任されることが多くなりました。実は完璧主義なのに臆病なんです。『今日は喉が…とか、お腹が…』と育(山崎育三郎)の楽屋に訴えに行くこともしょっちゅう。『大丈夫、余裕!』って励ましてくれる。こういう仲間がいるから頑張れるんですよね。ぼくひとりじゃ無理です!」

■ミュージカル『エリザベート』
 城田は黄泉の帝王“トート”役を井上芳雄とダブルキャストで出演。東京公演(帝国劇場)は7月26日で千秋楽を迎え、福岡(博多座・8月6日~9月4日まで)、大阪(梅田芸術劇場・9月11日~30日まで)、名古屋(中日劇場・10月8日~23日まで)と全国ツアー公演が始まる。

【城田優(しろた・ゆう)】
1985年12月26日生まれ。東京都出身。テレビドラマ『ROOKIES』(2008年)、最近ではテレビドラマ『表参道高校合唱部!』(2015年)などで人気を博す。ミュージカル・舞台でも活躍中で、特にミュージカル『エリザベート』でのトート役は高い評価を得ており、2010年には第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞、2016年には第23回読売演劇大賞で優秀男優賞を受賞。

 日本でただひとりの歌声を持つといわれるのが中川晃教(33才)。ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』(東京・シアタークリエ)の千秋楽を迎えたばかり。

「ぼくは小学1年生の時に、母に連れられて帝国劇場の『ミス・サイゴン』を観劇したのがミュージカルを初めて意識した経験。いまは音楽とミュージカルがいい影響を与え合っています。今年でデビュー15年。伝説のミュージカルでもある『ジャージー・ボーイズ』は、まさに演劇と音楽との融合。そんなミュージカルの集大成のような作品に出られたことは、とても嬉しく思っています」

【中川晃教(なかがわ・あきのり)】
1982年11月5日生まれ 宮城県出身。2001年8月自身が作詞作曲した曲『I Will Get Your Kiss』でデビューし、第34回日本有線大賞新人賞を受賞。2002年第57回文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞、第10回読売演劇大賞優秀男優賞、杉村春子賞を受賞。以後、音楽活動と並行して数々のミュージカルに出演し、2016年11月11~27日までミュージカル『マーダーバラッド』(天王洲・銀河劇場)に出演。

 最後は、本格派海外ミュージカルにも挑戦。注目度は急上中の加藤和樹(31才)。

「2017年1月に予定しているミュージカル『フランケンシュタイン』は韓国がオリジナルということもあり、現地でボイストレーニングもしました。高音の出し方が日本とは違い、とてもいい勉強になりました。今年は帝国劇場座長の経験もさせていただきましたが、共演者と向き合い、人となりを理解しながら作品に取り組むことを心がけました。仕事の息抜きは食べること。特にレバーやローストビーフ! 生肉は喉にいいんですよ。ぜひ皆さんも歌った後には生肉をお勧めします(笑い)」

■ミュージカル『フランケンシュタイン』
 2017年1月8~29日に日生劇場(東京・日比谷)、他、地方公演あり。韓国でロングラン大ヒットを記録した超大型ミュージカルで主演のビクター・フランケンシュタインとジャックの2役を中川が、キーマンになるアンリ・デュプレ役と怪物役2役を加藤が演じる。

【加藤和樹(かとう・かずき)】
1984年10月7日生まれ。愛知県出身。2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月CDデビュー。2009年からは韓国、台湾、中国でCDデビューを果たし、上海や北京、韓国など海外にも活動の場を広げる。2013年ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』出演以来、歌手・俳優・声優として各界で注目を浴び始め、今年『1798-バスティーユの恋人たち-』にて初の主演を務めた。

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
ミュージカルに楽しむ作法なし 気になるポイントを楽しもう
井上芳雄「ミュージカル俳優は筋肉を極限まで使うアスリート」
伊藤英明 「フッフッ」と声を出しながら妊娠中の妻と散歩

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP