ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

占星術でイチローを占う 引退時期は7年後か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 西洋占星術とタロットカードを使った独自の占いで人気の占い師・キャメレオン竹田が、旬な有名人の未来を予測するシリーズ「“きゃって”に占い」。今回はメジャー通算3000本安打を達成したばかりのイチロー選手を占っていただきました。

【プロフィール】
イチロー
本名:鈴木一朗
生年月日:1973年10月22日 42歳
出身地:愛知県西春日井郡豊山町

 マイアミ・マリーンズの外野手。1991年にドラフト4位でオリックス入団。1994年に日本球界初のシーズン200本安打を達成。2001年シーズンよりアメリカ大リーグでプレー。

 * * *
──今回占っていただきたいのは、マイアミ・マーリンズ所属のイチロー選手です。日米通算安打記録の樹立に続いて、大リーグ通算3000本安打も達成しました。

竹田:ホロスコープ的にはすごく繊細で、芸術家タイプですね。実はすごく悩んでしまうタイプでもあって、スポーツをしていなかったら、精神的にあまり良くなかったかもしれないです。

──内に内に入っていってしまいやすい、みたいな…。

竹田:そうかもしれないです。肉体的に元気であれば、社交的で周りの人とも楽しくコミュニケーションが取れるんですが、肉体的に元気じゃなくなると、内にこもってしまうんですよ。いわば、スポーツをやって肉体的な健康を保てているからこそ、いい状態でいられるんだと思います。

──今年のイチローは、代打での出場も多く、キャリア的にはピークを越えたと言える状態だと思うのですが、来年以降の運勢はどうでしょうか?

竹田:来年の運勢は、今年よりもいいと思いますよ。今以上の活躍も期待できると思います。

──ということは、今後も調子が上がってくるかもしれないってことですよね。いやあ、すごい。まさに鉄人ですよ。

竹田:ホロスコープ的には、2022年から2023年に転機がありそうです。自分の人生をガラッと変えたい衝動が強くなる時期がやってきそうです。

──イチロー選手は今、42歳なので、2022年から2023年には、48歳から49歳くらいになっています。

竹田:そうですね、この時期にまったく別の仕事を始める可能性が高そうですね。なので、もしかしたらこの時期に、現役引退ということがあるかもしれないです。

──なるほど。では、仮に何年後かに現役を引退するとして、そのあとどんな職業が合っているんでしょうか。

竹田:45歳くらいから55歳くらいの星回りを見ると、ちょうどプロデューサー的な立場になりそうな雰囲気になっているんですよ。全体を見渡してアドバイスをするような仕事というか。そういう意味では、野球の監督になっている可能性はあると思いますね。

──でも、天才タイプの選手だと、指導者としてはあんまり成功しないなんていう話もよく聞きますが…。

竹田:たしかにその傾向はあるかもしれないですが、意外と人と接するのが好きなタイプで、しかも誰でもわけへだてなく付き合うことができるんですよ。だから、あんまり嫌われることもないし、人を使う立場には向いてるんです。でもやっぱり「自分ができるのに、どうしてこの人はできないんだろう」って思っちゃうかもしれないですけどね。そこはもう天才なので仕方ないです(笑い)。

──ちなみに、政治家はどうでしょうか。イチローくらいのカリスマ性があれば、リーダーになってほしいという声もあると思うのですが。

竹田:政治家的な素質はそんなにないと思いますね。結局職人タイプなので、ルーティンでコツコツ積み重ねていくことが上手なんですよ。野球の監督なら選手の延長で、コツコツやっていくこともできますが、政治家となったらそうはいかないですからね。“イチロー首相”っていうのは、難しいと思います。

 * * *
 ホロスコープ的には、50歳手前で転機があるというイチロー。ぜひともこの歳まで現役を続けていただいて、さらなる記録を打ち立てていただきたいものです!

【プロフィール】
キャメレオン竹田/占術は西洋占星術とタロットカードで現在の鑑定予約は困難。テレビ・ラジオ出演、雑誌など複数のメディアで活躍する傍ら、インターネットでは、占星術・タロットや開運法を教える「キャメサロン」を運営。会員制ながら人気が集まり、人数制限をかけるほどの大盛況サイトとなっている。
キャメサロン:https://synapse.am/contents/monthly/chamereontakeda

【関連記事】
ニッチロー イチロー快挙祝福「負けないパフォーマンスしたい」
福本豊氏「脚力と年齢は関係ない」とイチロー脚力低下を否定
斎藤佑樹 イチローとおそろいのウインドブレーカーは8925円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP