ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大黒摩季が『RISING SUN ROCK FESTIVAL』のステージで完全復活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大黒摩季が8月13日、『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO』にてパワフルな歌声とパフォーマンスで約8,000人を圧倒し、完全復活を果たした!

8月13日、午後14時。『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO』が開催されている石狩湾・新港ふ頭は、北の大地・北海道と言えども、青空の下、強い日差しが照り注ぎ、炎天下では30℃を越していた。その会場内のRED STAR FIELDは、期待と熱気ではち切れんばかりの状態。そこには一人のアーティストの復活を待ち焦がれる約8,000人の観客が押し寄せていた。

14時50分、この日のために集結したスペシャルバンドのメンバー(ドラム:青木和義<T-BOLAN>、ベース:徳永暁人<doa>、SAX:勝田一樹<DIMENSION>、他)がステージに登場し、耳馴染みのあるイントロが始まる。彼女が復帰の最初に選らんだ曲は「熱くなれ」(NHK アトランタ五輪テーマソング)。そして、最後に大黒摩季が姿を見せると、この時を心待ちにしていた超満員の大観衆から「お帰りなさい!」「待ってたよ~!」という大歓声があがった。

「ホーム、ただいま~!!!」 大黒摩季、復帰の第一声はこの言葉だった。1996年の大ヒット曲「熱くなれ」をシャウトすると、大黒摩季の想いと会場全体の復帰を心待ちにしていた思いが、ハッキリと交わったのを感じる。

「DA・KA・RA」「チョット」「別れましょう私から消えましょうあなたから」「Halem Night」と、大黒摩季の大ヒットナンバーは続き、すでに彼女の瞳が、涙でうるんでいるのが遠くからもわかる。デビューしてから24年間という中で培われたライブの勘とパフォーマンスは、まるで2〜3日前までツアーをしていたかのようなステージを繰り広げ、6年間というブランクを全く感じさせない。

活動休止中は、病気と治療との戦いが続き、「“大黒摩季”として復帰できるのか?という不安の日々の連続だった」と話す大黒摩季。だが、むしろ90年代、ヒット曲を連発していた時と何ら変わらないハイトーン・ボイスとパンチ力を放つステージの彼女の歌声に、RED STAR FIELDの観客たちが魅了されていることを確実に感じ取れる。

「もう一度歌えるかな?って、何度も思っていたから、今日この場に立てるのは奇跡です!なまら楽しい(笑)」「ただいま!って、つきなみですけど勇気出して良かったな~って思いました。」と、大黒は話す。

そして、彼女が講師として育ててきた札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校のダンサーたちが登場する「永遠の夢に向かって」「あなただけ見つめてる」、ラテン・グルーブに盛り上がる「夏が来る」「いちばん近くにいてね」、さらに「Anything Goes」と大ヒットナンバーは続く。

復帰にあたって原点回帰を目指し、北海道を再出発のスタートに選び、地元を愛し、地元に愛される大黒摩季。次は、小樽市立菁園中学校の生徒たち18人が登場、本人も「一生歌っていくと思うこの曲」と語る「ら・ら・ら」を合唱する。彼女の思いに会場も合唱となり、この時、ステージと会場がまさに一体化した。

2010年8月にアーティスト活動無期限休止を発表し、子宮疾患の治療・不妊治療を続け、そして一般人として過ごして来た大黒摩季が、。ラストに選んだのは新曲「Higher↗↗ Higher↗↗」。

6年間、世の中に対して感じて来た思いを込めた渾身の作品は、音楽に妥協せず、人生に諦めず、“より高いところ”を目指そうとする彼女を象徴するものに仕上がっていて、そんな思いが通じたのか、ステージも会場もタオルを振り回し、熱狂のるつぼと化した! そして、青空の広がる北海道・石狩の大地に壮大な光景を作り上げていた。最後は10月16日(日)に、もう一度、故郷・札幌で単独ライブを行うことが発表され、観客を沸かせた。

【セットリスト】

1「熱くなれ」

2 大黒摩季 ヒット曲メドレー

「DA・KA・RA」

「チョット」

「別れましょう私から 私から消えましょうあなたから」

「Harlem Night」

3「永遠の夢にむかって」

4「あなただけ見つめてる」

5「夏が来る」

6「いちばん近くにいてね」

7「Anything Goes」

8「ら・ら・ら」

9「Higher↗↗ Higher↗↗」

「Maki Ohguro 2016Live-HOP! ~Reborn To The Future☆彡~」
10月16日(日) 札幌・ニトリ文化ホール

開場17:30/開演18:00



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP