体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

工作体験に科学博士!子どもと一緒に遊べるミュージアム【岐阜編】

水晶やアメジストといった30種以上の石が見つかる宝石探しに挑戦。見つけた石をくっつけてペンダントやストラップに。

<当日OK、小学生以上>

開催日時/毎日9時~16時30分

料金/500円~

予約/不要

所要時間/30分~1時間

もっと体験したい!という人は…

◎石の標本(毎日/予約不要/宝石探し+材料費1300円)

ストーンミュージアム博石館では世界各国の石や鉱物を紹介。

1/10スケールで再現したピラミッドに入ると巨大な地下迷路が出現!カフェではライスがピラミッド形のピラミッドカレーが味わえます。 ストーンミュージアム博石館(はくせきかん)

TEL/0573-45-2110

住所/岐阜県中津川市蛭川5263-7

営業時間/9時~17時(最終受付16時30分)※体験は~16時(最終受付15時30分)

定休日/なし

料金/入館中学生以上800円、小学生500円

アクセス/車:中央道恵那ICより15分

駐車場/200台

「ストーンミュージアム博石館」の詳細はこちら

瑞浪市化石博物館【岐阜県瑞浪市】

瑞浪市に広く残る地層で古生物の化石を調査!

瑞浪市化石博物館1

貝の化石

化石発掘

博物館から徒歩15分の河原で予約なし&無料で化石を採集できます。ハンマーとタガネを持参して1700万年前の植物や貝の化石を探そう!

<当日OK、小学生以上>

開催日時/毎日9時~17時15分

料金/無料

予約/不要

所要時間/1~2時間

注意事項/悪天候・休館日は化石発掘不可

瑞浪市化石博物館3

瑞浪市化石博物館は1500万~2000万年前の湖や海の地層が多い瑞浪市にあり、約3000点の化石を展示。

なかでもデスモスチルスの骨格標本は見ものです。 瑞浪市化石博物館

TEL/0572-68-7710

住所/岐阜県瑞浪市明世町山野内1-47

営業時間/9時~17時15分

定休日/月(祝日の場合は翌日)

料金/入場大人200円、高校生以下無料

アクセス/車:中央道瑞浪ICより3分

駐車場/20台

「瑞浪市化石博物館」の詳細はこちら

サイエンスワールド【岐阜県瑞浪市】

科学のフシギを利用したおもちゃを作ってみよう。

忍ジャイロ

忍ジャイロ

軸となる心棒や回転板を組み立てて地球ゴマを作る。心棒にヒモを通してコマを回すと今にも倒れそうな角度でクルクルと回る!

<当日OK、小学生以上>

開催日時/8月2日~10日の9時30分~15時30分(1時間間隔で実施)

料金/300円

予約/当日会場にて予約

所要時間/1時間

注意事項/小学生は保護者同伴

もっと体験したい!

◎科学忍者への道(~8月31日/詳細はHPを確認)

サイエンスワールド

科学工作ができるワークショップや実際に実験ができるサイエンスラボが人気。

ショップでは自宅で手軽に作れる科学グッズの販売もあります。 サイエンスワールド

TEL/0572-66-1151

住所/岐阜県瑞浪市明世町戸狩54

営業時間/9時~17時

定休日/月(祝日の場合は翌日と翌々日)

料金/入館無料

アクセス/車:中央道瑞浪ICより3分

駐車場/30台

「サイエンスワールド」の詳細はこちら

美濃和紙の里会館【岐阜県美濃市】

やわらかな光に癒やされる手漉き和紙の灯りアート。

<美濃和紙>

1300年の歴史があり、薄くても丈夫なことから障子紙などに使われています。

2014年には本美濃紙を含む3種の日本の手漉和紙技術がユネスコ無形文化遺産に登録!

美濃和紙照明

美濃和紙照明

和紙の原料コウゾを100%使用し、職人が使っているものと同じ簀桁と呼ばれる道具で紙を漉きます。

できあがった和紙はクルリと丸めてスタンドに立てよう。

<当日OK、小学生以上>

開催日時/9時~16時

料金/2500円(紙すき500円、スタンド2000円)※入館料別途要

予約/不要

所要時間/30分

もっと体験したい!

◎美濃和紙ミニついたて(予約不要/紙すき+ついたて2000円)

美濃和紙の里会館

美濃和紙の里会館は日本三大和紙産地のひとつ、美濃市にある和紙の資料館。

和紙の歴史などを紹介する展示室や紙すきが体験できるワークショップ、売店もあります。 美濃和紙の里会館

TEL/0575-34-8111

住所/岐阜県美濃市蕨生1851-3

前のページ 1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。