ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飛騨高山ケーブルネットワーク、国内初のソフトバンク系MVNOサービス「Hitスマホ」を8月22日に開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飛騨高山ケーブルネットワークが 8 月 22 日に国内では初となるソフトバンクの携帯回線を利用した MVNO サービス「HIT スマホ」を開始します。「HIT スマホ」は、ソフトバンクの 3G と LTE ネットワークを利用して展開される MVNO サービスで、飛騨高山ケーブルネットワークのテレビまたはインターネット接続サービスの加入者は通常よりも安い価格で契約することができます。提供プランは音声通話のみで、基本使用料は月間データ通信量別に、3GB(1,980 円 / 月)、5GB(2,380 円 / 月)、10GB(3,380 円 / 月)の 3 タイプ。通話料は 20 円 / 30 秒で、留守番電話やグループ通話などの様々なオプションサービスも提供されます。なお、12 ヶ月の継続契約が必須となっており、期間中に解約すると解除料が発生します。飛騨高山ケーブルネットワークの契約者は上記の価格よりも 400 円 / 月安い価格でサービスを利用することができます。対応機種は、「arrows M03」、「Freetel SAMURAI MIYABI」「Freetel Priori3 LTE」となっています。Source : ソフトバンク

■関連記事
これがNexus 2016年モデルの一つ?
Desire 10 Proのプレス画像が流出
シャープ、高性能な自撮りカメラを搭載した「AQUOS M1」を台湾で8月15日に発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP