体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美しいデザインと音楽が融合した鉄道シミュレーション『Mini Metro』レビュー

mini metro
 
難解な現代音楽のひとつだった電子音楽をポピュラーにしたことで有名なドイツのテクノグループ・クラフトワークの代表的なアルバムに『アウトバーン(ドイツの高速道路)』『ヨーロッパ特急』がある。シンプルな交通インフラをタイトルにするという思い切った背景には、彼らが当時ツアーで移動していたドイツの高速道路を走行する音や、鉄道が線路を走る音そのものを音楽として再現しようとしたことがある。そのアイディアは電子音楽の持つ無機質さと一致し、今日に至るまでの名盤となっている。

クラフトワークの代表作の発表からすでに数十年が経過した。その間に無機質なはずの機械の音やノイズも音楽として使われることは当たり前になり、この文章をキーボードで打ち込む音さえも音楽となりうることも当たり前のようにわかっている。

鉄道運営シミュレーション『Mini Metro』の一番最初のマップ、ロンドンの路線図をクリアして思い出したのはそれだ。これは単なる運営シミュレーションに留まらない、デザインと音楽の美しさをも体感できるものになっている。完成した路線図に電車が走り、乗客が乗り込み、駅で降りる。それらの無機質な行動それぞれがリズムとメロディとなり、音楽となっているのだ。

路線を引く。駅を繋ぐ。乗客を降ろす。

mini metro

『Mini Metro』はシンプルなゲームだ。ゲームを開始すると上の画像みたいに無造作に○△□の記号が現れる。これが駅だ。時間が経つと電車を待つ乗客が各駅の右側に集まる。乗客は降りたい駅の記号で描かれている。
mini metro

路線を引くのはマウスで駅から駅へとドラッグするだけでいい。繋いでしまえば電車が走り出し、乗客を乗せて目的の駅へと降ろしていく。乗客や駅の状況を見て、路線を繋ぎ直したりすることもできる。

基本的なゲームの目的は、どんどん駅が増えていく中でどれだけ効率よく乗客を目的の駅に送りこむ路線図を敷き、駅のどこかで客が集まり過ぎて運行が停止してしまうまでにスコアをどれだけ伸ばせるかを競うのだ。

時間が経過するごとにランダムで新たな駅が出てくる。最初の○△□だけではなく、☆や◇型のマイナーな駅まで登場してくるため、それらに乗客を送り届けるように路線を組まなければならない。ほうっておくとどんどん乗客が駅に集まってしまう。

mini metro使える列車の数や、海や川を通り抜けて路線を敷くためのトンネルの数は限られる。

路線運営から一週間ごとに新たに使える電車や、より多くの乗客を乗せる後続車両や川や海を通って路線を敷くトンネルの数などを選ぶことができる。与えられた選択肢から状況に合わせてどんな戦略を立て、拡大していく路線を運営し続けられるのかがカギだ。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。