ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもの送り迎えから子守りまでをサポートするオンデマンド型サービス「Kango」は値段も手ごろ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事と育児とを両立する上で、予定外の会議が入ったり、想定外の業務トラブルに対応しなければならないなど、予期できない事態に遭遇するのは、避けられないもの。

子どもの送り迎えを代行する配車サービス「HopSkipDrive」や、スマホアプリで子どもの子守りをすぐに依頼できる「Hello Sitter」など、Uberに代表されるオンデマンド型サービスが、近年、子育てサポートサービスの分野にも広がってきた。

これらのサービスは、今後ますます、多忙な保護者にとっての“セーフティネット”となっていくかもしれない。

・子ども向け配車サービスとシッターサービスをワンストップで提供

米サンフランシスコ・ベイエリアで展開する「Kango」は、子どもに特化した配車サービスとシッターサービスとをオンデマンドで提供している。

「Kango」の会費として月額9ドル(約900円)を支払う保護者が、スマホアプリを介し、配車サービスやシッターサービスを依頼すると、条件に合った専門スタッフが、保護者に代わって、子どもの送迎や子守りをする仕組み。

「Kango」に登録されているドライバーやベビーシッターは、地元の教員経験者や育児経験者、ベビーシッターなど、いずれも3年以上の保育経験を有しており、希望すれば、保護者が直接、候補者と事前に面接することも可能だという。

配車サービスの利用料は、移動距離や時間に応じて16ドル(約1600円)から設定され、シッターサービスは、子ども1人あたり1時間15ドル(約1500円)から20ドル(約2000円)で算出される。

・仕事と子育てを両立する親たちをサポート

「Kango」は、子ども向けの配車サービスとシッターサービスをワンストップで利用できるのが特徴。

働きながら子育てに奮闘するパパ・ママをサポートするプラットフォームとして、今後のさらなる展開に期待したい。

Kango

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP