体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

我が社のバイブルにします、とメーカーも賞賛する『文房具図鑑』。作者はなんと小学生!

ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。

元々、夏の自由研究としてまとめたものが出版社の目にとまり、書籍化されたのだとか。といっても100ページオール手書き!文具ひとつひとつに解説と、それに対するメーカーのコメントも添えられていて、まさに文房具への愛が詰まった一冊なのです。では早速、覗いてみましょう。

文房具への情熱がひた走る!
オール手書きの100ページ

我が社のバイブルにします、とメーカーも賞賛する『文房具図鑑』。作者はなんと小学生!

この本で紹介している文房具は誰もがよく知るマッキーから、ひと目見ただけでは用途がわからない(?)マニアしか知らないようなものまで。全部で168個。う〜ん、濃い!
我が社のバイブルにします、とメーカーも賞賛する『文房具図鑑』。作者はなんと小学生!
我が社のバイブルにします、とメーカーも賞賛する『文房具図鑑』。作者はなんと小学生!
我が社のバイブルにします、とメーカーも賞賛する『文房具図鑑』。作者はなんと小学生!
我が社のバイブルにします、とメーカーも賞賛する『文房具図鑑』。作者はなんと小学生!

消しゴムの紹介では消しカスや消し跡、鉛筆削りの場合は削りカスを貼り付けるなど、その文房具の魅力を最大限に伝える工夫が盛りだくさん。
我が社のバイブルにします、とメーカーも賞賛する『文房具図鑑』。作者はなんと小学生!

ここで取り上げているのは健太郎くんが使ってみたものばかりなので、イラストもリアル、コメントも辛らつなものが多々アリ。

ちなみに、メーカーからのコメントがページ下に掲載されていて、みなさん健太郎君の解説に感服の様子。

「解説うますぎ!営業トークに使わせてもらいます!」

といった賞賛の声も並びます。
我が社のバイブルにします、とメーカーも賞賛する『文房具図鑑』。作者はなんと小学生!

いろんなボールペンを使って一人の「おっさん」を描いているページも。それぞれのタッチが一目瞭然で、自分好みのペンを見つける参考になりますね!

意外と知らなかった
文房具の雑学クイズ

さらに、いくつかクイズも用意されていて読者を飽きさせません。2問ほどピックアップしてみましたが、アナタは正解が分かりますか?

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。