ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

文脈に合致した正しい例文を瞬時に表示する英文検索エンジン「Ludwig」は開設5カ月で168カ国で利用される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

翻訳サイトの代表的な存在である「Google翻訳」は、2006年の開設以来、対応言語を継続的に拡張。

2016年2月には、103カ国語に対応し、オンライン人口の99%を網羅するまでに進化してきた。

しかしながら、英語を母国語としない人が英文で執筆する場合、「Google翻訳」をはじめとする自動翻訳サービスや校正ソフトウェアは、まだ十分な精度を有していないのが現状だ。

・信頼性の高いデータベースを参照する、英文検索エンジン

米マサチューセッツ工科大学の客員研究員であったイタリア出身のアントニオ・ロトロ(Antonio Rotolo)氏は、イタリアの大手電気通信事業者「テレコム・イタリア」の助成を受け、言語検索エンジン「Ludwig」を開発した。

「Ludwig」は、検索ボックスに英文もしくはその一部を入力すると、独自の検索アルゴリズムによって、検索フレーズの文脈に合致した文例を表示する仕組み。

参照するデータベースには、英国放送協会(BBC)や米紙「ニューヨーク・タイムズ」、英紙「ガーディアン」、科学専門誌など、信頼性の担保されたコンテンツのみが採用されている。

ユーザーは、正確な英文と自身の英文を比較することで、誤りを修正したり、より適切な語句に改善したり、異なる表現テクニックを学ぶことができる。

・開設5ヶ月で168カ国が利用

2016年2月にベータ版として開設されて以来、5ヶ月間で、世界168カ国から7万5000人が利用した。

今後は、モバイルアプリや追加機能を実装したプレミアムサービスの開発にも着手する方針だ。

Ludwig

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP