体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まだ見ぬフィンランド:人に優しくなれる国。西海岸で過ごした、癒しの6日間

まだ見ぬフィンランド:人に優しくなれる国。西海岸で過ごした、癒しの6日間

こんにちは。写真家の上田優紀です。

5週にわたって知られざるフィンランド西海岸への取材の様子をレポートしてきましたが、最後にまとめとして今回の旅をダイジェストでご紹介したいと思います。

過去の記事でレポートしきれなかった場所もご紹介するので、新たな発見や旅のルート作りなどにも役立てていただけるとうれしいです。
本特集「まだ見ぬフィンランド」のコンテンツまとめ
第1話:国の玄関口「ヘルシンキ」は夏でも楽しめる街だった
第2話:年に一度のお祭り騒ぎ!「ヘルシンキデー」は街中に食と音楽が溢れてた
第3話:唯一の世界自然遺産クヴァルケン群島に言葉を失う
第4話:静かに広がる絵本の世界。世界遺産「ラウマの旧市街」を歩く
第5話:大自然が育んだ、ぜいたくな伝統料理に舌鼓
第6話:人に優しくなれる国。西海岸で過ごした、癒しの6日間

 

1日目: スタートはヘルシンキから!

-0002

photo by yukiueda

-0009

photo by yukiueda

旅はヘルシンキから始まりました。この時期のヘルシンキは天気も良く、過ごしやすい気候で日本の梅雨から逃げるには最適かもしれません。

森のような公園や石畳の道路、可愛い雑貨屋さんが街には溢れており、歩いているだけでもスキップしてしまうようなところでした。

 

また、ヘルシンキの誕生日であるヘルシンキディにも参加できて、この街の人と触れ合ったり歴史について学べる機会にもなりました。

 

2日目: 世界一のジンを飲んで、世界遺産クヴァルケン群島へ

001A2561

photo by yukiueda

-0021_2

photo by yukiueda

ヘルシンキから北に電車で3時間ほど揺られてイソキュロという村を訪れました。

ここにあるキュロス蒸留所はまだできて2年目にも関わらず、世界一のジンを作ってしまうほどの名蒸留所です。

 

全て地元で取れる天然素材を使って酒造しており、創業者の一人でもあるミコさんの

「おいしいものは全て自然が作ってくれる。自然そのままの味を生かしたものを作っているから全世界の皆さんから愛されるのだと思います。」

という言葉が印象的でした。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。