ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンジャ渡部も興奮! 名店焼き肉「肉山」×「わ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜16時30分からの番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「Calolimit HUNGRY OUT」。 8月12日のオンエアでは、「暑さを乗り切るスタミナお肉を食べたい!」をテーマにお届けしました。

このテーマで渡部が「肉好きならぜひチェックしてほしい1軒」として紹介するのは、肉の名店と人気ホルモン焼き店のコラボで四ツ谷に誕生した話題のお店「赤身とホルモン焼 のんき」。スタジオには代表の荻野貴匡さんにお越しいただきました。

「のんき」は、もともともつ焼きの人気店。しかし今回のお店は今までの「のんき」とは違うお店となっており、今や肉の総本山と呼ばれる吉祥寺の名店「肉山」、さらに牛ホルモンの火付け役である人気店「ホルモン酒場 焼酎家 わ」とのコラボによって今年4月に誕生しました。

このコラボには渡部も「夢のような2軒! 本当にいいとこ取りですよね。赤身肉・塊肉を安く食べられて予約が取れない“肉山”と、鮮度がいいホルモンの“わ”の2軒がいけちゃうって…本当にすごいですよね!」と興奮気味。

もともと「のんき」は豚一筋でしたが、“肉山イズム”を引き継ぎ牛塊肉を提供。仕入れルートや焼き方も「肉山」の社長直伝、さらに焼き場のセッティングも「肉山」プロデュースなのだとか。そしてホルモンは「わ」のルートで仕入れ、実際に店長が修行に行きノウハウを学んできたそうです。

これを聞き思わず「ちょっとずるいですよ…」と声が漏れる渡部でした(笑)。

さらに「のんき」が契約している千葉の契約農家から、季節ごとにとても質のいい野菜が直送されるため、野菜までおいしいそうです。

スタジオにはそんな自慢の焼き肉の中から“イチボ”を持ってきていただきました。これを「肉山」オリジナルの黄身醤油とからめて食べた渡部は「う〜んおいしい…赤身の上質な部分と程よい脂身の甘さがあって…黄身醤油はもう反則ですよね、めちゃくちゃおいしい!」との感激。

焼き方としては、遠火でじんわり時間をかけて焼くため30分以上かかり、そこから寝かせるため時間がかかるそう。しかし最初に注文してから、ほかのものを食べているとちょうどいいそうです!

そしてコースメニューもあり、11品目で5,000円。メニューを見た渡部は「前菜に煮込みがあって、ホルモン9種類、塊肉2種類、豚も1種類…これに〆が付いて5,000円ですか…。これはお店がこの安さに気付く前に行かないといけない!」と大絶賛していました。

さらに焼きトウモロコシも堪能した渡部は「極上の肉、そして野菜…みなさんぜひ堪能してみてはいかがでしょうか?」とリスナーに呼びかけていました!

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP